【Amazon輸入ツールで時間捻出】稼ぐ方法論からツールによる自動化へ

Amazonツール, Amazon輸入

Amazon輸入で
稼ぐことは簡単ではありませんが
稼ぐために出来ることは
幾つもあります。

まずは学ぶことが挙げられます。

Amazon輸入ビジネスが
どの様な方法論の基
商品を仕入れて
商品を梱包して
商品を発送して
商品を販売するのか
理解できていなければ
稼ぐことはできないでしょう。

基本はブログ,書籍等から学習して
セミナー講師,コンサルタント等の
一歩進んだ先人から
稼ぐ為の方法論を学ぶと良いです。

次に学んだ方法論を
如何に自動化して時間を生み
更にその時間で学びを深めるのか
Amazon輸入ツールを使った上での方法を説明していきます。

関連記事:Amazon輸入ツールで確立する【Amazon輸入転売リサーチ基準】

 

Amazon輸入ツールの使用で売れる商品が明らかとなります

Amazon輸入ツール 稼ぐ

商品を仕入れても
その商品が売れなければ
稼ぐことには繋がりません。

売れる為の判断指標として
「競合販売者数」「ランキング」等を
用いることが挙げられますが
まずは、その元となる
大量の商品候補を集めなくてはなりません。

そこで利用するのが
リサーチ系の価格比較ツールです。

この系統のAmazon輸入ツールは
国内外の価格差を中心に
有力な商品群を集めてきますが
その商品から取れる情報は
多いければ多いほど後の判断に役立ちます。

そこで推奨するAmazon輸入ツールが
「価格比較ツール」です。

取得できる情報について
マニュアルをぜひご覧ください。

商品リサーチ機能マニュアル

上記の抽出される情報からでも
国内外価格差と重量等により
粗利益率を自動計算。

ランキング、出品者数により販売予測
(更には評価数,点数による商品フィードバック)

グラフにより
ランキング変動を可視化して
最安値表からは出品者数の変動を
実数から捕捉していきます。

販売予測の精度を
高める為にモノレートを利用するのもとても有効です。

ただしアマトピアには
モノレートよりも販売予測を
高精度に行う為のツールがありますので
仕入判断をより確実化したい方には
「在庫追跡ツール」を推奨します。

特定ASINの
一販売者を指定することで
その販売者の在庫数変動を
正確に記録していきます。

モノレートとの決定的な違いは
モノレートはあくまで「予測」に対し
在庫追跡ツールでは実際の変動を
記録していく点にあります。

この作業を手動で行おうとした場合
Amazon公式の商品ページから

  • 「カートに入れる」
  • 「カートの編集」
  • 数量「10+」を選択
  • 数量を「999」に変更した上で「更新」
  • 「この出品者のお取り扱い数は「X点」です」を確認

この作業を毎日繰り返し
定点観測していくことが必要になります。

いわばこの作業を
「何点」でも自動化できるのが
在庫追跡ツールという訳です。

この手動と自動の対比では
如何に自分の時間を生み出すことができるかが
お分かり頂けるかと思います。

Amazon輸入ツールには「AWS」と「MWS」

Amazon輸入ツール 稼ぐ

上記で2つのツールを紹介しましたが
これらのツールを使う為には
AWSMWSが必要になります。

【2018年追記】MWSキーのみで利用可能になりました。

 

まずAWSですが
これは「Amazon Web Services」の略称です。

AWSでは、開発者に向けて
Amazonの商品情報を提供しており
その名称が「Product Advertising API」になります。

このAPIの中に商品情報群が纏めてあり
そこにAmazon輸入ツールを使って
アクセスすることで迅速な情報取得が
可能になる訳です。

そしてこのAWS-APIにアクセスする為には
各人がAWS関連キーを取得する必要があるのですが
この取得手順がやや面倒です。

AWSは取得までは面倒ですが
取得できれば無料で利用できますので
ツールを使う為にも頑張ってください。

【2018年追記】
AWSキー無しでもアマトピアが利用可能になりました。

 

 

次にAWSとは別に
「MWS」がございます。

MWSとは「Marketplace Web Services」の略称で
AWSと同様に、商品情報を取得できる
APIなのですが、AWSとの相違点は
大口出品アカウントが必要になる点です。

つまり月額料金が発生します。

ちなみに、MWS関連キーの取得は
AWSに比べると大分楽です。

こちらが参考になります。

Amazonツールによって
必要なキーは異なりまして
例えば価格比較ツールであれば
MWSキーが必要となり
在庫追跡ツールにはAWSキーが必要です。

AWS(MWS)-APIから
どの様なロジックで情報取得するのか
知りたい方はこちらはご覧ください。

無在庫販売 vs Amazon中国輸入

Amazon輸入ツール 稼ぐ

如何にリスクを下げるかも
Amazonで稼ぐ為には
考える余地があります。

その筆頭に
無在庫販売がありますが
無在庫販売と言えば
Amazon輸出に限られると
お思いかもしれません。

確かに輸出と比べると難しくなりますが
輸入でも不可能ではありません。

ここで中国輸入で考えてみます。

中国輸入では主に
タオバオ、アリババ等での
仕入れが中心となるでしょうが
この場では、選定する商材の議論は
別の機会に置いておきまして
無在庫販売での「動線」を考えてみます。

FBA販売と決定的に違う点は
エンドユーザへ直接納品することです。

Amazon輸出で考えますと
国内から商品を「自分」で仕入れて
EMS等の日本郵便を使い
直接納品するかと思います。

この際、日本独自の商品を扱うことで
発送期間を最大化させても
競合する販売者がいない為に
商品は売れていきます。

これを中国輸入に置き換えて考えます。

まず仕入れが輸出とは
根本的に違ってくる訳ですが
中国輸入では中国から仕入れますので
言語面から、日本人には
その作業が困難となります。

というより、タオバオ等で使える
決済システムの観点から
一般の日本人はつけ入る隙がありません。

そこで必然的に代行業者を使います。

代行業者が中国輸入で担う役割
商品仕入れを代行して
中国国内で検品梱包を行い
そのまま日本の指定先住所まで
配送してくれること、つまり全てです。

そして、この「指定先住所」まで
配送してくれるという点がポイントですが
これは基本的にAmazonFBA倉庫までの
配送を行ってくれることに加え
日本国内のエンドユーザへの
納品も行ってくれるということを示しております。

つまり、国内Amazonにて
リードタイムと配送期間を
長期に設定しておけば
ほぼ全自動による中国輸入無在庫販売
成立するという訳です。

 

 

Amazon輸入は簡単ではありませんが
イコール稼げないという訳ではありませんので
今自分に何が必要かを見極め
必要なことに対して努力を惜しまないでください。

 

 

関連記事一覧