Amazon輸入リサーチツールの有効化【Amazonでモノを売る方法を教えます】

Amazon輸入

リサーチツールに求めることは何でしょうか。

勿論、Amazonで利益の出る商品を
見つけることかと思います。

今世に出ているリサーチツールには
その需要を文句なく果たしていると思われますが
どの機能を求めますか。

まず筆頭に上がるのは価格差です。

各国間のAmazon商品情報を
ASIN等によって抜き出し
内外の価格差を得る。

もっと言えば
JAN、FBA価格、利益、利益率、費用計算
商品ランキング、出品者数、実重量、容積重量
評価数、点数、寸法と。。
得られるデータに限りはありません。

得られるデータに限りはありませんが
果たして、全てのユーザが
それらの情報を上手く処理できているのでしょうか。

疑問が残ります。

言うまでもなく
価格差だけでAmazon輸入が成立すれば
誰も苦労はありません。

そこで、リサーチツールを使う際に
重要視するべき点や注意する点などを
紹介していこうと思います。

売れる商品とは

Amazon輸入 リサーチ ツール

価格差が分かっても
優位に仕入れが行えることしか
分かっていません。

それが売れなければ
全く意味がないという訳です。

Amazon輸入で実績を上げている方は
月間に置けるAmazonでの販売予測を
立てる方が多い傾向にあります。

その商品が月に何個売れるかということです。

Amazonでは売り上げを
1時間ごとにランキング化しています。

その指標は
「Amazon売れ筋ランキング」から
大凡を読み取ることができまして
その順位に応じて
月換算で約何個売れる商品なのかを
類推することが可能となります。

その指標は
最近のリサーチツールでも
取得することが可能でして
何個売れるのかと同時に
それを売る出品者の数にも
目を向けなければなりませんが
「ランキング」「出品者数」
合わせて商品ごとに知ることができます。

価格比較ツールの活用

Amazon輸入 リサーチ ツール

例えば「AMACON」という
価格比較系のツールがありますが
このツールでは、それらの指標に合わせて
更に、詳細に販売予測する為のサイト
「モノレート」へのリンクも
ワンクリックで可能となっていますので
より詳細な販売予測を立案できます。

AMACON 価格比較ツール

Amazon輸入 リサーチ ツール

モノレートによる販売予測

Amazon輸入 リサーチ ツール

モノレートの確認法についても
軽くお伝えしますが
ここで扱う商品のランキングは
ホビーカテゴリで「909位」の商品です。

ランキングだけでも
相当人気商品だということが伺えます。

Amazon輸入 リサーチ ツール

この商品を扱う扱わないについては
また別の問題ですが
モノレートを見ていきます。

まず「ランキング」グラフをご覧ください。

Amazon輸入 リサーチ ツール

通常、モノレートでの販売予測として
最も見られる箇所がこのグラフですが
ここで注目するのは、ランキングが
上下している部分です。

この商品はやや売れすぎていて
説明素材としては不十分感が否めませんが
ランキングが上下したタイミングで
商品が一つ売れたと予測できます。

つまり、この商品では
上下が判断できない程に
売れていると予測できる訳です。

次に、モノレート画面下部にある
期間ごとの最安値表をご覧ください。

Amazon輸入 リサーチ ツール

ここで確認するポイントが
「出品者数」です。
※ここでは新品を扱う前提です。

商品が売れたということは
その分、出品者が減るということに
つながりますので、数値としての
根拠が得られるということです。

54人から徐々に減り
46人になったところで
新たに2人が出品していることが伺えます。

商品ごとにモノレートを使った
販売予測を立てることで
大きく仕入れをミスすることはなくなりますが
モノレートのサイトにも
「あくまでも予測となります。」
と注意書きがある様に
完全に正確なデータという訳ではありません。

更なる販売予測ツールとは

Amazon輸入 リサーチ ツール

モノレートでも
正確性には不安があるとなれば
もう手はないのでしょうか。

いえ、ツールを使います。

ここでまたツールに戻っては
疑問符しか付かないでしょうが
最初の価格比較ツールではなく
販売予測に特化した
「在庫追跡ツール」を使います。

こちらはアマトピア内の
機能の一つとしてリリースしているものですが
モノレートの類推データではなく
特定の商品、販売者を指定することで
実際の在庫数の変化を追跡します。

こちらをご覧ください。

Amazon輸入 リサーチ ツール

こちらは1商品を追跡した画像ですが
「在庫数」「ランキング」
表示されているかと思います。

これらは類推データではなく
この期間中、実際の在庫数の減り
Amazon売れ筋ランキングの変動
観測していった結果ですので
精度の高さは比較になりません。

これで、ある商品を仕入れようとした時に
「月間でこれだけ売れている商品だから
現在の出品者数を考慮して
自分は何個仕入れよう」となる訳です。

ここで言いたいことは
価格比較ツールには
価格比較ツールでの役割があり
販売予測には、より販売予測に特化した
ツールを使うべきだということです。

数字に落とし込んだ購買に
リスクはほぼありません。

Amazon輸入にツールを持ち込むなら
各ツールの特性を認識しましょう。

最後に

Amazon輸入 リサーチ ツール

リサーチツールから派生して
売れる商品を選ぶ方法をお伝えしてきましたが
如何でしたでしょうか。

ツールには限界があります。

だからこそツールは
それぞれに特化した機能を持っています。

ツール至上主義になっては
Amazon輸入での成長は見込めませんが
使えるところで使うことに
本旨があると考えますので
今、ご自分に必要なツールを選択してください。

関連記事一覧