中国輸入代行業者を選ぶ際のポイント【おすすめの代行業者もご紹介します】

中国輸入

中国湯輸入の代行業者は、中国輸入の代行業者50社を徹底比較します【配送料・手数料・月額料金など】の記事にあるように沢山の会社があります。

ここまで沢山あると、どの中国輸入代行業者を選べばいいか分からないという方もいると思います。

 

そんな方の為に、中国輸入代行業者を選ぶ際のポイントとおすすめの代行業者をご紹介していきます。
是非参考にして下さい。

 

中国輸入代行業者を選ぶ際のポイント

まずは中国輸入代行業者を選ぶ際のポイントから確認していきましょう。

中国輸入代行業者を選ぶ際のポイントは以下になります。

  1. 送料・手数料
  2. 問い合わせへの対応
  3. FBAへ直送可能か
  4. OEMの対応力
  5. サポート体制

 

送料・手数料

送料や手数料などの料金はあまり重視しなくても良いです。

安ければ安いほどいいと思っている人が多いようですが、その分サポート体制がなっていなかったり検品が雑といった場合があります。

なので料金だけで決めずにこれから紹介していくポイントに注目して選ぶようにしましょう。

 

<ポイント>送料・手数料だけで選ばない

 

問い合わせへの対応

問い合わせをした際の対応の質や返答の早さが早いかがポイントです。

工場とのやり取りは代行業者が行いますが、チャットやメールだけでなく電話も使えるとスムーズに交渉を進める事が出来ます。

また、問い合わせをした際に価格やロットの交渉もしてもらえるような代行業者が良いでしょう。

 

<ポイント>問い合わせをした際の対応の質や返答の早さ

 

FBAへ直送可能か

中国輸入でAmazon販売を行う方は「FBAへ直送可能か」が非常に重要となります。

FBAへ直送してもらう事で自分で梱包をしてAmazonに送る必要がなくなり、大幅に作業時間を短縮する事が出来ます。

 

ここで、料金だけでなく検品の質もポイントになってきます。

FBAへ直送する場合は自分の目で検品が出来ないので、しっかり検品してAmazonに発送してもらえるかが非常に重要なのです。

<ポイント>FBAへ直送でき、検品は丁寧か

OEMの対応力

こちらの要望を中国の工場にしっかり伝えてくれるか。
どこまでOEMに対応できるか(名前入れや刺繍入れ、ブランドタグの提供など)がポイントとなります。

また法律に関わる商品への対応や工場側との交渉をしっかり行なってもらえるかも重要です。

 

<ポイント>OEMにどこまで対応できるか

 

サポート体制

不良品や粗悪品などのトラブルが起きた際にしっかり対応してくれるかだけでなく、その他にもサポートがあるかがポイントです。

商品を中国から日本に配送してもらう、交渉を代わりに行なってもらう、というだけでなく商品ページの作成や広告運用などをサポートしてくれる代行業者もあります。

別途料金がかかる場合がありますが、商品ページは商品の売れ行きを非常に左右するので、商品ページ作成の代行はオススメです。

 

<ポイント>その他サポートがあるか

 

中国輸入でおすすめの代行業者は?

ここまで中国輸入代行業者を選ぶポイントを挙げていきましたが、おすすめの代行業者は一体どこなのか。
という事でこちらでおすすめしているAmacon(アマコン)をご紹介します。

是非参考にしてみて下さい。

 

Amacon(アマコン)がおすすめの理由

Amaconは中国輸入OEMを目指す中級者以上向けのサポートに特化している、中国輸入代行業者です。

現役で物販業を続けているからこそ、様々なトラブルを解決してきた経験とノウハウがあります。

 

ここからは沢山ある中国輸入代行業者の中でもAmaconがおすすめな理由をご紹介します。

  1. 中国工場との交渉に徹底している
  2. 国際送料が安い
  3. OEMへの対応力が高い
  4. しっかりした検品体制
  5. その他サポートがある

 

中国工場との交渉に徹底している

Amaconでは工場との交渉を粘り強く行なっており、チャットだけでなく、電話でも交渉しています。
ですので、お問い合わせの返信が早くなにより詳細の聞き取りを行うことが可能です。

さらに電話の場合はチャットの担当者ではなく、直接受注担当との交渉ができるため価格やロットを下げる事が出来る場合があります。

 

また、工場からの返信が遅かったり対応がよくない場合や不良品が納品されたり返品、返金の対応に応じない悪意のある工場などトラブルは多いです。

そのようなトラブルを未然に防ぐため買付依頼があっても、交渉している中国スタッフが不安に感じた場合は買付け前に連絡をくれるので非常に安心です。

国際送料が安い

Amaconnには複数の発送方法があり、OCS、林道国際、DHL、フェデックス、船便などが利用出来ます。

101kg以上で発送する場合、1kgあたり13元で発送ができ、AmazonのFBA倉庫へ直送することも航空便、船便共に可能となっています。

 

旧正月など休みの場合を除き、日本への航空便発送は3〜5日と最速で配達されます。

 

OEMへの対応力が高い

Amaconでは、簡単な商品名入れや商品設計から始まる完全オリジナル商品作りまで対応する事が出来ます。

完全オリジナル商品は、指示書づくりやサンプル作成、値段など、納得いくように交渉してくれます。

 

その他に、電化製品や食品衛生法になどの法律に関わる商品の場合は、必要な書類を工場から取り寄せて検査機関への審査を依頼まで対応してくれます。

 

しっかりした検品体制

Amaocnでは、無料で数量・サイズ検品を行なってくれます。

商品が届いたら全ての商品を検品して問題ないかを報告してくれます。その際に梱包されている写真や商品の写真も送ってくれるので見て確認する事が出来ます。

万が一商品に不備があった場合はそのまま工場に返品して対応してもらうことが可能です。

 

検針や精密検品が必要な商品の場合はAmaconの提携会社で対応してもらえます。

 

その他サポートがある

Amaconでは商品の買い付けだけでなく、写真撮影や商品ページ作成、広告運用までサポートしてもらえます。

写真や商品ページがお粗末だとなかなか売り上げには繋がりません。
魅力的な写真とお客さんが購入したくなる商品ページ作りを、専門とするスタッフが担当して代行してくれるので商品がもっと売れやすくなります。

※別途費用がかかります。

Amaconには中国輸入に関するサポート体制がトータルで揃っています。

 

まとめ

中国輸入代行業者を選ぶ際のポイントと、おすすめの中国輸入代行業者「Amacon」をご紹介しました。

 

代行業者を選ぶ際のポイントをおさらいすると、

  • 送料・手数料だけで選ばない
  • 問い合わせをした際の対応の質や返答の早さ
  • FBAへ直送でき、検品は丁寧か
  • OEMにどこまで対応できるか
  • その他サポートがあるか

の5つがポイントでした。

この5つのポイントを参考にご自身にあった中国輸入代行業者を選んでみて下さい。

 

また、おすすめの中国代行業者「Amacon」の詳細は
Amacon公式HPよりご確認下さい。

 

 

関連記事一覧