Amazon輸出ツールで変える負のスパイラル是正法

Amazon輸出

本人がやる気に満ちていても
中々、結果に表れないケースが多々あります。

根性論まがいの心意気で
人の倍、行動したとしても
進むべき方向がであれば
目的地には永遠に
辿り着かないという話です。

私はそれを負のスパイラルと
表現していますが
スパイラルという言葉の通り
どこかで修正を施さなければ
事態は泥沼化していく一方です。

今から紹介する事例を教訓に
良循環を作り上げてください。

 

関連:Amazon輸出入ツールとしてのアマトピアの活用法

Amazon輸出の儲からない要因

Amazon輸出ツール

まず悪循環に陥る
典型例としてAmazon輸出において
儲からない原因となる
要素を挙げていきます。

Amazon輸出における粗利と回転率の見直し

まずは粗利が見込めなければ
営業利益も経常利益もありません。

販売価格からの
売上高だけに捉われるのではなく
売上原価(仕入費用等)も意識しなければ
利益は生まれないということです。

他にも物販業として
在庫回転率も意識しなければ
資金が回収できず
次の購買に繋がりません。

Amazonでは14日周期
売上が入金されますので
それを考慮した上で
売り切る術を考えなければ
如何に利益が見込める商材であっても
売れなければ儲かりません。

Amazon輸出成功への絶対数を意識する

この話は、儲かる儲からないを
考える以前にまだその段階に
至っていないのではないかという話です。

Amazon輸出を一つのビジネスとして
ある程度の利益が見込めるまで育てるには
絶対的に時間が必要です。

1か月頑張ったのに
儲からないと嘆く行為は
1か月勉強したのに
英語が話せないと同じ次元です。

物事には何に限らず
成果を出す為に時間を必要とします。
それを認識することから修正しましょう。

Amazon輸出に対する根本姿勢の是正

これは物販業全般に言えることですが
我々のビジネスは
商品を買ってくれる顧客がいて
初めて成り立つビジネスです。

画面の向こう側とはいえ
顧客をないがしろにする行為は
慎みましょう。

これはAmazon輸出において
AmazonFBA販売というよりも
直接顧客に配送並びに事後対応を行う
無在庫販売に特に言えることです。

相手の心情を読み取り
慎ましい対応を心掛けることにより
結果として、出品者評価の向上にも
繋がります。

将来の売上とは無関係ではない話です。

Amazon輸出で求められるのものは根性論から論理的思考へのシフト

儲からない要因の一つとして
説明してきました
売上高総利益と在庫回転率に
関連する話となりますが
儲けを出すには
根性論でひた走ることが
求められるのではなく
論理的思考に基づいた計算です。

根性論では
成功するケースも
皆無ではないでしょうが
恐らく安定はしないと言えるでしょう。

それに対し、理論に基づいた
数値に落とし込めば
結果は必然的に安定します。

仮に、結果として現れない場合には
結果になるまで修正を繰り返せば
何も問題はありません。

正に、負のスパイラルとは
対を成す考え方かと思います。

Amazon輸出本の本当のところ。。

Amazon輸出ツール

上述してきました
悪循環を解消する為に
既に結果を出している
先駆者から学ぼうとする行為は
正しいと言えます。

その例として
リンク先では何冊かの
Amazon輸出関連の書籍
情報商材、高額塾を紹介して
参りましたが、残念ながら
結果として良いものではありませんでした。

情報商材等は
初めから良いものではないと
想定していましたので
あまり気にはしないのですが
こと書籍に良いものがないというのは
嘆かわしいことです。

通常は、出版社と共に
編集推敲等を重ねて販売に至った
はずの書籍が想定外の品質であるとは
多くの方は想定していません。

この状況であれば
ブログ媒体からの方が
得られるものは確実に多くなります。

宜しければ
以下のリンクから
Amazon輸出者の段階別
ブログの紹介をしておりますので
参考にしてください。

リスクテイクなくしてAmazon輸出での成功はあり得ません

Amazon輸出ツール

悪循環の構成要素から
脱する為にブログ媒体まで
行きついた形となりますが
そこで良い情報を得ることが
出来たとして、そこに甘んじてはいけません。

これは表現が難しいのですが
良い方法論等で知識武装をした結果
安パイな方法しか取らなくなる
恐れがあります。

何故、恐れという表現に
なるのかと言いますと
相当以上の利益を達成していく為には
ある程度のリスクテイクが
求められてくるからです。

具体的には
FBA販売よりも無在庫販売を選択し
Amazon輸出ツールは無料品に限定。

人に任せることを拒み
自分で全作業工程を全うしつつ
大多数が同じ様に扱う
リスクのない商品しか扱わない。

後、大口プランの選択は
検討する余地すらないという
感じでしょうか。

これは少々極論として表現しましたが
必要なところにお金時間
割いていかなければ
そこでビジネスの成長は止まるということです。

Amazon輸出を工程別に捉えますと
人間のみの力でしか
出来ない工程は少ないので
ツールで賄える作業
割り切って代替する意識が重要です。

Amazon輸出での評価は顧客フォローにお任せを

Amazon輸出ツール

ツールに任せられる部分は
割り切って代替していこうと
説明してきましたが
その作業工程の一例として
出品者評価の依頼が挙げられます。

Amazon出品アカウントの
出品者評価とは購入者より
5段階で出品者の対応等を
評価して貰うシステムなのですが
これは評価を依頼しない限り
大方は無反応で終わります。

評価は何に影響するのかと言いますと
ショッピングカート取得率
関わってくる指標なのです。

つまり、ひいては売上に関わります。

通常この工程は
Amazonセラーアカウント内の
メッセージ管理から
手動で行う形になるのですが
これを追客メールという形で
ツールによる自動化を図ります。

このツールの利点は
初めに定型文を作成して
ツールに設定しておけば
後は何も手を加えることなく
自動で評価依頼を繰り返してくれる点です。

ちなみに、アマトピアの
顧客フォロー機能であれば
永年無料で利用可能ですので
是非、一度お試しください。

関連記事一覧