アマトピア「商品リサーチ機能」の使い方【一連の流れをわかりやすく解説】

Amazon輸入, Amazon輸出

こちらではアマトピアの
商品リサーチ機能」の使い方を
わかりやすく解説していきます。

商品リサーチ機能の使用の流れ

アマトピアの
商品リサーチ機能では、
細かな設定をする事で
的確なリサーチが出来ます。

以下の手順で
リサーチをしていきましょう。

  1. 使用前の設定
  2. 検索条件の選択
  3. 商品リサーチページの設定
  4. 詳細ページの設定

使用前の設定

商品リサーチ機能を
使用するためには、
MWSキーの設定が
必要になります。

各国のMWSキーが
設定出来ますので
取得したい国に
それぞれ設定しましょう。

検索条件の選択

MWSキーの
設定が済んだら、
商品のリサーチができるように
なります。

アマトピアを使用した
商品リサーチには
5つの検索方法があります。
それぞれの検索方法について
説明していきます。

  1. キーワード・カテゴリーから検索
  2. 商品ブランド・カテゴリーから検索
  3. セラーIDまたは出品者URLから取得
  4. 商品ページ単位の取得
  5. CSVから取得

なお、それぞれの検索方法は
商品リサーチ機能の
検索条件の設定」から
選ぶ事が出来ます。

検索条件の設定画面は
以下のようになっています。

まずは
検索方法を選択しましょう。

ASINリスト名」の部分は
デフォルトでは日付になっています。
自分でわかりやすい名称に
変更が出来ます。

また、
商品情報を取得する条件を
選ぶ事が出来ます。
必要なものだけを取得する場合は
取得したい項目だけ、
チェックを入れましょう。

キーワード・カテゴリーから検索

お好きなキーワードで
カテゴリー別での
検索が可能です。

カテゴリー、キーワードは
以下の場所から
入力が出来ます。

また、検索価格の範囲
最大取得件数が設定出来ます。

範囲を決めないと
膨大な数の商品が引っかかり、
商品情報を取得する時間が
長くかかってしまいます。
取得する最大の件数と
価格の範囲を決めて、
検索開始」を押しましょう。

商品ブランド・カテゴリーから検索

お好きなブランドで、
カテゴリー別での
検索が可能です。

利用できないカテゴリー(記載あり)
ありますので、
注意しましょう。

商品ブランド、カテゴリーは
以下の場所から
入力が出来ます。

また、こちらでも
検索価格の範囲と
最大取得件数が設定出来ますので
設定しましょう。

セラーIDまたは出品者URLから取得

参考セラーの出品商品が、
セラーIDまたは
出品者URLから取得出来ます。

最大取得数の
設定も出来ますので、
検索対象総件取得数が
多すぎる場合には
最大取得数を設定するのも
良いでしょう。

商品ページ単位の取得

ASINコードまたは、
商品のURLから
検索が出来ます。

利益の出る商品を見つけて
検索にかけると、
芋づる形式で商品情報を
取得していきます。

コードやURLを入力後、
FBAセラー取得」をクリックすると
その商品を出品している
出品者の一覧が出ます。
リサーチにかける出品者を
クリックで選択する事が出来ます。

CSVから取得

CSVからの取得には
デフォルトと
商品ページ単位があります。

商品ページ単位の場合は
ASIN抽出対象国の
選択が出来ます。

どちらも、
ASINリストのCSVファイルから
一括で検索が可能です。

選択する」から
CSVファイルを選択し、
検索開始しましょう。

詳細の設定

検索が終わると、
リストが一覧になります。

まずは、

  • 取得項目表示設定
  • 画像検索URL設定

を行いましょう。

取得項目表示設定

取得項目表示設定」では、
取得した項目で
不要な情報を非表示に出来ます。
移動後は、保存してください。

画像検索対象URL設定

画像検索対象URL設定」では
画像検索をする際の
対象サイトを絞る事が出来ます。
主な仕入れ先のURLを
登録しておくと便利です。
複数登録が出来ます。

詳細ページの設定

詳細ページでは、
取得項目に追加した項目が
表示されます。

また、以下の機能があります。

  • オプション変更
  • エクスポート
  • フィルタリング
  • ソート
  • 商品画像の検索

オプション変更

基準価格や
送料モードの設定、為替レート、
補正値などの細かな設定が
変更出来ます。

エクスポート

抽出された商品一覧を
CSV形式またはExcel形式で
保存する事が出来ます。

フィルタリング

フィルタリングを行うことで
条件にあった商品のみを
表示することが可能です。
細かく設定することが出来ます。

ソート

日本タイトルと海外タイトルで
キーワードを指定し、
キーワードを含む商品を
表示することが出来ます。

商品画像の検索

商品画像をクリックすると
画像検索が出来ます。

検索する画像を選択し、
「画像検索」をクリックしましょう。

画像の検索対象国や
登録してあれば、
検索対象URLサイトを指定出来ます。

最後に

アマトピアの
「商品リサーチ機能の使い方」
をわかりやすく解説しました。

上記を行い商品を絞り込めば、
あとは利益の出る商品を
見つけるだけです。

一連の流れをしっかり捉えて
細かな設定を行い、
的確なリサーチを行いましょう。

関連記事一覧