アマゾン輸入ビジネスでライバルに差をつける方法【ニッチな商品選定編】

Amazon輸入

アマゾン輸入ビジネスで
ライバルに勝ちたければ
徹底的に安く買うことが重要です。

これは物販の基本でもあります。

基本でも磨きぬけば
大きな武器に仕上がりますので
ここは決して怠らないでください。

安価な仕入を実現する為に

amazon輸出 fba 直送

まず、仕入れで商品を
安くする方法を考える必要があります。

販売元も商売ですので
商品を1個買う人間に一々値引をしていたら
何のメリットもありません。

値引をするからには
その値引分を吸収するだけの
量が必要です。

ここで、何故まとめ買いが
安価な仕入れに有効なのかが分かると思います。

展示会に参加することも
有効な手段の一つです。

展示会には、企業したばかりの法人や
ニッチなメーカー等
商品を売りたくて仕方がない方々が
多く集まりますので
優位な仕入には絶好の場所だと言えます。

選定する商品は
しっかりと吟味する必要がありますが
ニッチ且つ安価な大量仕入れの実現は
どちらも、Amazonで商品を売りぬく為に
必要な条件を満たしてくれますので
展示会の情報は積極的に入手してください。

上のステージへ移ることを意識する

amazon輸出 fba 代行

仕入れをより優位にするためには
自分の交渉力を高めて
日本で販売していないメーカーを口説く。

これに尽きると思います。

運が良ければ代理店→独占販売権という
流れになります。

まずは自分がステージを用意して
(相手が取引に応じるに値する状況)
自分から接点を持つ必要があります。

(接点がないと100%代理店にはなれない)
あとは運(6~7割くらいは運だと思います)

仕入れ先に悩んでいるという人は
ぜひ自分の交渉力を高めて
相手に交渉する。

この流れを踏んでください。

メーカーへの移行も同時に考えます。

考えれば考える程
メーカーとの取引の大切さを実感しています。

今更言う事ではありませんが
メーカーとの取引は安定しています。

メーカーの問題解決力は最強と言えますので
メーカーとの取引を増やし
自身が管理するSKUを減らしつつ
売上を上げていくという方法が理想です。

SKUがたくさんあると
どうしても管理が煩雑になってしまうので
現状は避けるべきです。

これらのステージへ移行する為には
必ず決断が必要になってきます。

この決断ができた時点で
必ず物事は良い方向と動きますので
簡単なことではありませんが
だからこそ、他者と差別化する為にも
苦労する道を進んでください。

アマゾン輸入ビジネスは
昨今、よく飽和した等と囁かれますが
方法次第ではいくらでも回避することは
できますので、自分の手段を確立させましょう。

最後に

まとめ

「アマゾン輸入ビジネスでライバルに差をつける方法」

参入者が増えてきているからこそ
差別化する必要性が出来てきます。

ライバルが足踏みするところを
狙っていきましょう。

関連記事一覧