Amazonせどりのセミナーは何処に【セミナーの探し方を教えます】

Amazonせどり, Amazon輸出

Amazonせどりでレベルを上げる手段には
どの様な方法が考えられるでしょうか。

第一選択として
サイト、ブログ、書籍等
最近ではSNSも範囲内となりますでしょうか。

上述した中で
最も濃い密度で情報が得られる媒体は
書籍となるでしょうが
書籍の欠点として、本が店頭(WEB)に
並ぶ頃には情報の鮮度が落ちているということが
挙げられます。

他にも、塾やコンサルがありますが
レベルアップを望んでいる層には
簡単に出せない金額であることが多く
更には、当たり外れが多い為
(殆ど外れであることが多い)
声高に勧めることは出来ません。

そこで、バランスを考えた際に
浮上する選択肢がセミナーとなります。

勿論、セミナー自体が
自身の塾やコンサルへの
前振りとなっていることも否めませんが
それでも、価格と情報のバランスを考えると
悪くはないと思います。

ここでは、セミナーを探し当てる方法から
オンラインで受講可能なウェブセミナーまで
纏めて説明したいと思います。

「こくちーず」から探す

amazonせどり セミナー

「こくちーず」とは
セミナー開催予定者が
告知等に大規模なコストを
掛けられない様な場合に
告知に使うサービスです。

実際に、Amazonせどり関連のセミナーだけで
「164件」の検索結果が得られ
それらの情報が随時更新されています。

ちなみに、販路はAmazonだけに限らず
ヤフオクやメルカリ、BUYMAまで
あらゆる情報が集まっている印象です。

「こくちーず」

「メルマガ」から探す

amazonせどり セミナー

セミナーの告知は
自身のメルマガ内にて
クローズドに行われることがあります。

では、メルマガに登録する手順ですが
登録フォームは本人のブログ内に設置されていることが
殆どですので、ブログを探すところから始めます。

セミナーに参加するにしても
実力のない方であれば
話になりませんよね。

ですので、ある程度情報の発信力が
あると思われる方から探すのが
効率的ですので、ここでは
人気ブログランキングを使います。

人気ブログランキング

「せどり」のカテゴリであれば
400人弱の登録がありましたので
1位から順に、ブログを実際に確認していきます。

ランキング上位者であれば
ほぼ100%の確率でメルマガ登録を
促していますが、私の判断基準としまして
ブログ内に設置されている検索窓を使い
「セミナー」のワードで検索します。

その結果、引っかかった記事内から
その方がセミナーを開催していたか否かを
瞬間的に判断して、開催していたと
判断できる場合には手当たり次第に
メルマガ登録を繰り返していきます。

結果的に、受け取るメルマガ数が
膨大になると予想されますので
情報を整理する意味でも
新たにメールアドレスを用意することを
お勧めします。
(無料のGmailがお勧め)

1位から50位までの
該当するブログを一つずつ探しましたので
以下に記載します。

せどり倍速マーケティング
http://attoutekisakamoto.com/

アパレル古着せどり転売ブログ
http://yama-mind.com/

はんなり宮本のせどり通信
http://yakyudaisuki5.seesaa.net/

これこそがネット起業の王道
http://ameblo.jp/miyanet78/

よしぎゅーの脱サラせどり
http://flyingegg.co.jp/

電脳せどりで稼ぐたくのブログ!
http://jitan-sedori.com/

せどり+アフィリエイトで7億円稼ぐ天野裕之のamazonせどりブログ!
http://amanoh.com/

せどり侍がゆく!
http://syodaisamurai.chu.jp/blog/

せどりで自由にできるお金を手に入れる方法
http://kukoudou2.sakura.ne.jp/s/

中古ゲームせどりで独立した元セールスエンジニアくんたけのせどり実践ブログ
http://kuntake.com/

自由のためにまず稼ぐブログ
http://ino-ran.com/

電脳せどりで副業生活
http://empat-net.com/

せどりでAmazon評価10000以上の男のブログ
http://sedori10.com/

該当したブログ数は、全13/50個ありました。

上からランキング上位のブログとなりますが
結局は、良い内容のセミナーが開催されるかは
ご自身で判断して頂くしかありません。

見極めるポイントとしては
「無料」で送られてくるメルマガの内容から
「有益」と感じられる情報があるか否かです。

良いと感じられた情報発信者からの情報は
逐一キャッチして、セミナー情報の告知に備えましょう。

「Amazonウェブセミナー」から探す

amazonせどり セミナー

実はAmazon社も
ウェブ上ではありますが
有益なセミナーを開催しています。

ウェブセミナーですので
交通費も一切掛かりませんし
リアルタイムで開かれるUstream形式でも
ありませんので、時間的な制約もなく
基本的にYouTube上で閲覧が可能です。

Amazonせどりでプラットフォームとなる
Amazon社自らが主宰するセミナーですので
専門性の高さには申し分ありません。

  • 出品(基礎編)
  • 出品(応用編)・販売力強化シリーズ
  • 商品登録・商品情報改善
  • フルフィルメント by Amazon(FBA)
  • 商品カテゴリー別
  • その他のテーマ

上記のテーマにより分けられ
全53個の動画(セミナー)が用意されていますので
自分に必要な内容から順次ご覧ください。

Amazon web seminar

最後に

amazonせどり セミナー

セミナーに参加する行為は重要ですが
参加者全員が等しく良き情報を
受け取れることはないと考えています。

これは、実社会を考えてみれば
分かることですが、競争を強いられている
リアルの中で、優劣が付かないこと等ありません。

必ずその人を見て優劣が発生します。

つまりは「高額なセミナー参加料を
払っているんだから、その対価として
有益な情報を手にするのは当然。」
という考えの方は損をするということです。

結局は、セミナーの価値を決定付けるのは
自分次第ということになりますので
根本にある根の部分が育てば
他の部分への影響も良いものがあるかもしれません。

関連記事一覧