Amazon広告運用ツールの詳細について

  • HOME
  • Amazon広告運用ツール

広告運用ツールの詳細について

広告運用ツールはマスタープラン以上のプランで利用可能です。

Amazonスポンサープロダクトの運用を自動化するためのツールで完全自動化のAIモードと、半自動化のマニュアルモードが存在します。

AIモードはビッグデータを活用してコンバージョンデータやインプレッションデータなどから入札価格の調整や木ワードのマッチタイプの変更やキーワードの除外まで自動で行うツールです。

マニュアルモードはお客様の方で運用ルールを設定していただきそれに応じて自動で入札価格の調整やキーワードの追加・除外を行うことの出来るツールです。

ほとんどの場合でAIモードのパフォーマンスの方が高くなりますが特殊な商材などはマニュアルモードの方が高パフォーマンスを出すことが出来る場合もあります。

広告運用ツールのマニュアルをお探しの方はこちらをご覧ください。

【2つの運用モード】

完全自動化のAIモードと半自動化のマニュアルモードにより広告運用を行うことが可能です。

※AIモードはAIが適切な入札ルールを付与するためのデータが必要になるため1週間はオートターゲティングで動作します。

【様々な入札トリガー】

ACosや広告費、利益、クリック単価、インプレッション数、コンバージョン率、クリック数、注文数などをトリガーとして入札価格の変更を行うことが可能です。

入札ルールは複数組み合わせることが可能でインプレッション数1000以上かつクリック数20以上の時入札価格を10%増加させるといったアクションを行うことも可能です。

またどのタイミングからルールを適用するかのトリガーを別で設定することが出来、タイミングのトリガーとしては広告費、利益、インプレッション数、クリック数、注文数、経過時間を使用することが可能です。

【世界中のAmazonで利用可能】

日本のAmazonだけでなく世界中(アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、オーストラリア、アラブ首長国連邦)のAmazonの広告運用を行うことが可能です。

本来広告運用はその国の習熟した担当者が必要な作業でしたがビッグデータの活用により海外マーケットの広告運用でも高パフォーマンスを発揮することが出来ます。

【変更履歴を確認可能】

入札価格やキーワードの追加・除外などの履歴を確認可能です。

AIモードが実際にどのように広告を調整しているかを確認することができるためクライアントに効果を示しながら運用を行うことができます。

【通常のキャンペーン・広告グループ作成や対象商品の追加も可能】

セラーセントラル上で行えるようなキャンペーンの作成や広告グループの作成、広告グループを適用するSKUの選択やキーワードの追加・削除など全て行うことが出来ます。

【大幅なコストカットに貢献】

従来担当者が行う必要があった広告運用業務ですが自動化することにより安いコストで適切な広告運用を行うことが可能となっています。

AIモードであれば広告運用に習熟していない企業様でも広告運用に習熟した広告代理店と同等以上のパフォーマンスを生み出すことが可能です。

【グラフィカルな広告データ表示】

広告費、売上、利益、ACos、インプレッション数、クリック数、クリック単価、コンバージョン数、注文数などをビジュアルで確認できるため直感的なコスト管理が可能になります。

【ライセンスの追加可能】

 

2アカウント目以降を29800円/月で提供しているので自社の複数ヶ国の広告運用はもちろん他社の広告運用業務を代行する際などにご活用いただくことも可能です。