価格改定機能の詳細について

  • HOME
  • 価格改定機能

価格改定機能の詳細について

価格改定機能は全てのプランで利用可能です。

価格改定機能は世界中のAmazonの価格を同一ページライバルの価格や他ページの価格、他の国のAmazonや楽天、Yahooショッピンの価格などを元に変更することの出来る機能です。

価格改定機能で改定可能な商品数は1ライセンスあたり10,000品までとなりますがライセンスをアップグレードすることでそれ以上の商品数の価格を改定することも可能です。

ただし100,000点以上は動作保証対象外となりますのであらかじめご了承ください。

【自動価格改定機能】

revi

 

1時間,6時間,24時間ごとの価格改定が可能です。

商品リサーチなど他の機能も合わせてご利用の場合で
価格改定が激しくない商品を扱っている場合は
MWSキーのAPI制限を抑えるために
6時間や24時間を選択してください。

1時間に設定した場合価格改定可能な商品点数は約4000点です。
後述の改定モードで仕入れを選択している時は約3000点となります。

【Amazonポイントや配送料も考慮】

point

単純に価格改定をしてもなぜか商品が売れないケースがあります。
それはAmazonポイントや配送料を考慮していないからです。
アマトピアではAmazonポイントや配送料を参考に価格改定可能で
Amazonの購入者層が購入のポイントとするトータルの価格を常に意識しています。
また操作画面上からAmazonポイントのみを
手動で設定することも可能です、この機能でライバルに差をつけてください。

※配送料はセラーセントラルで事前に設定する必要があります。

【利益率の一括計算】

rev

売上利益率(ROS)や投下資本利益率(ROI)を自動で計算可能です。
AmazonのFBA手数料なども全て自動で計算した上での
利益計算なので改定時間だけでなく詳細な利益計算をする時間も
短縮することが出来ます。

【限界価格の設定】

rev

初期設定時や仕入れモードを変更した時など
思わぬ価格改定を防ぐために限界価格を設定可能です。

この機能は他のどのルールよりも優先されるので
安全に改定を行いたい場合は必ず最初に設定してください。

また限界価格を設定しておくとライバルの投げ売りに
巻き込まれなくて済むというメリットもあります。

【利益・利益率ベースの商品の出品・停止】

利益または利益率が一定未満で出品停止および利益または利益率が一定以上で出品を自動で再開することができます。

※この機能は利益・利益率を保証するものではないので必ず限界価格を設定するようにしてください。

【送料表の設定】

仕入れ価格をベースに価格改定を行う際独自の送料表を設定することにより仕入れ価格を基準とした価格改定を行うことができます

送料表は実重量と容積重量を考慮した詳細なルール設定が可能です。

【他モールを基準にした価格改定】

海外Amazonの価格改定を行う上で日本のAmazonや楽天、Yahooショッピング、ヨドバシカメラの価格を参考に価格を改定することが可能です。

また在庫の有無とも連動するため在庫切れの時は出品を自動で一時停止することが可能となっています。

【カート取得者別の価格改定】

カートボックスを取得しているセラーが出品者出荷の時とFBA出荷の時で異なる改定ルールを設定可能です。

このことによりFBA出荷時に出品者出荷セラーの価格に合わせてしまったり反対に出品者出荷時にFBAセラーの価格に合わせてしまうことを防ぐことができます。

【改定履歴の閲覧】

具体的な改定履歴を閲覧することが可能です。

【ライセンスのアップグレード・追加】

出品数を10001品以上にしたり、他の国でも出品を行いたい場合はそれぞれライセンスのアップグレードと追加アカウントの申し込みで対応可能です。

価格改定機能は全てのプランに含まれています。
追加アカウントは1アカウント月額9800円でご利用可能です。

Click edit button to change this text.