Amazon輸出FBAの手順として初めにやるべきこととは【FBA納品編】

Amazon輸出

AmazonFBAへの納品処理は
セラーセントラルで各種設定します。

ですが、デフォルトのままでは
膨大な送料が発生してしまいますので
調整する必要があります。

 

納品先を考える

amazon輸出 fba 手順

そもそも、アメリカのAmazonFBA倉庫は
1箇所ではないので

商品点数が増えるごとに
バラバラなFBA倉庫に納品されてしまいます。

それでは、1箇所への集中納品に比べると
送料が増してしまいますので
1箇所のFBA倉庫へ纏める設定が必要です。

これはセラーセントラルから簡単に
変更可能で

Inbound Settings設定の
Inventory Placement Optionを選択します。

そこで、Inventory Placement Serviceを
選択するだけで集中納品が可能となります。

AmazonFBA納品者でこの設定がまだ
お済みになっていない方は
必ずこの設定を行ってください。

Amazonへのラベル貼依頼とは

amazon輸出 fba 手順

また、FBA倉庫の納品の際
商品によっては商品ラベルをAmazonに
貼ってもらうこともできます。

Label Productsで
〈who labels?〉をAmazonに変えると
1つ$0.2でラベル貼りを
代行してもらうこともできます。

ですが、Amazonの商品ラベル貼付サービスは
ほとんど利用していません。

商品ラベル貼付を依頼できない商品が多い
ということもありますが
Amazonにラベルの貼付を依頼すると
商品がAmazonの倉庫に到着してから
出品まで時間が掛かることがあります。

 

代行業者を使った納品を考える

amazon輸出 fba 手順

代行会社としておすすめはSpearnetです。
安くて最初に発送する人などはおすすめです。

また、その他にも
DHLというサービスがあります。

このDHLは月間の取引量や
送り方によって見積もりが
変わってくるのですが

Amazon輸出FBAでかなり稼げるようになったら
DHLでの発送をおすすめしています。

また、FBA納品代行業者を通さず
海外SOHOを利用する方法もあります。

海外SOHOは「oDesk」がおすすめです。

海外SOHOを介して納品する場合は
回転率が低いけれど、粗利が高い商品などを
日本から船便で発送して

その後、アメリカamazon倉庫に
納品してもらうのがお勧めです。

FBAには少なからず
Amazon販売手数料とは別に

確実に発生する手数料が存在しますので
抑えられるものは抑えるべきです。

この一つのことから利益向上に繋げてください。

返品が発生した際の対応も想定しておく

AmazonFBAでモノを販売する以上
一定数の返品は受け入れなくてはなりません。

Amazonで返品が発生した場合には
米国内か日本(国外)へ送り返されることが
設定上、一般的な流れとなるのですが

FBAでは、ある設定をしておくことで
その商品を再出品できることがあります。

「Repackaging Settings」という設定です。

商品破損等の理由により
AmazonFBA倉庫へ返品されてきた際に
この設定がアクティブになっていれば

Amazonが再出品可能の判断を下すと
商品が無駄にならずに済みます。

この設定は初期設定の状態では
無効になっていることがありますので

AmazonFBA販売者は「有効」にしておきましょう。

最後に

まとめ

amazon輸出fbaの手順は
お分かりいただけましたでしょうか?

アマゾン輸出での業務を
ある程度自動化するには

「FBA」の利用は必須です。

その中でも順序というものがありますので
是非、参考にしてください。

関連記事一覧