アマゾン輸出のFBAでの代行業者6選【完全保存版】

Amazon輸出

目次

Amazon輸出を行う際に欠かせないのがFBA出荷ですが、輸出の場合は海外のFBA倉庫に入れる必要があるため海外に納品を行うことが出来る業者を利用する必要があります。

輸入の場合は自社でクーリエと契約して送ることも可能ですが輸出では現地のインポーターの協力が必須であるため代行会社の利用はほぼ必須となってきます。

関連:Amazon輸出のFBAで代行業者は使うべきか!?

輸出代行会社を選ぶ際のポイント

経験と信頼性

長い歴史を持ち、多くの成功事例がある代行業者を選ぶことが重要です。信頼性が高く、実績のある企業が、輸出プロセスにおいて問題を最小限に抑えるのに役立ちます。

料金構造

各代行業者は独自の料金体系を持っています。代行手数料やその他の経費に関する詳細を確認し、サービスの提供内容に対して適正な価格を提供しているか確認してください。

なんだかんだで一番大事になるポイントです。

カスタマーサポート

カスタマーサポートが迅速で効果的であることは非常に重要です。問題が発生した場合、迅速な対応がビジネスの継続性に影響を与える可能性があります。

法的な知識とコンプライアンス

輸出入には様々な法的要件や規制が存在します。代行業者がこれらを理解し、遵守しているか確認してください。

特にヨーロッパ方面は法的要件が多くそれらに対応している輸出代行会社は少ないです。

おすすめの代行会社

シュウカキ

輸出FBA代行業者で最安なのがシュウカキです。

Amazon輸出FBA代行以外にもエンドユーザーへの直接の発送にも対応しているためAmazon輸出無在庫販売やeBay輸出無在庫販売などでも活用可能です。

また他社と異なり事前に送料のシミュレーションが可能なシミュレーターが用意されているため費用が分かりやすいのがメリットです。

ヨーロッパ方面の輸出にも問題なく対応しています。

TNK logistics

料金は最安よりは少し高いですが食品の米国輸出にも対応しているのが強みの代行会社です。

ShipperMakerダイレクトという独自の物流システムを構築しています。

実質シュウカキとTNK logisticsの2強ですが他のサービスも紹介しておきます。

黒船物流

ワールドシフト株式会社

貿易塾を運営している方が展開している輸出代行会社です。

Around the world trading

HASSO JAPAN

こちらは、Amazon輸出FBAだけでなくeBayにも対応しています。

仕入れた商品を一括で納品可能でセラーセントラルと連携した利用が可能となります。

月額料金には10,000円が発生しますが手数料は1品あたり50円と安価な設定となっています。

最後に

まとめ

「アマゾン輸出fbaでの代行業者一覧」

アマゾン輸出を行う際に代行業者はとても助かる存在です。

今では代行業者の数も軒並み増えてきていますので選ぶ際の参考になれば嬉しいです。

関連記事一覧

サイト内検索