Amazon輸出FBAに直送する際の注意点【まとめ】

Amazon輸出

確実に送料を抑える為には
Amazonへ直送することになりますが
これは現状不可能な方法です。

Amazonの規定でそう明記され
このルールに遵守できなければ
FBAへの納品すらままなりませんので
ここは守る様にしましょう。

インポーターの設定

amazon輸出 fba 代行

何故、直送できないのかですが
こちらは明白です。

それは、Amazon自身が
インポーターに設定される為ですね。

インポーターになれば
仮に、通関時に関税が発生した場合
Amazonに請求がいくになります。

日本人のAmazon輸出参入者は
今では膨大にいますので
一々、関税を請求されていては問題です。

対策としましては
インボイスにインポーターを別に
設定する内容を記載するだけで
この問題が解消されます。

「インポーター」をAmazon以外に設定する

amazon輸入とは

インポーターを設定するには
基本的には納税者番号が必要です。

先日UPSの担当者に問い合わせをしたところ
アメリカの場合、記載は任意でOKと
言われたのですが

体感として、未記入だと
納品されていないことがあるので
できるだけインポーターを代行してくれる人や
アメリカ法人の納税者番号を
記載するようにしましょう。

UPSの「CampusShip」という
ラベルとインボイスが作成できるサービスで
簡単に設定できます。

具体的な例を挙げますと
文具やおもちゃなどでも
インクやリチウム電池が入っているものは
避けながら、物質的に問題のなさそうな
商品を少量に絞って送ることが重要です。

様々な書類を提出できるといいのですが
現段階では確実に、送ることを
最優先にします。

インボイスについては
出荷予定の商品リストに
HSコードを記載するのみで
あとは金額や数量など
そのままコピーして手間を省く事も可能です。

圧倒的な経費削減となり
納品スピードがグッと上がるアマゾンへの直送。

納品スピードが上がれば
値崩れに巻き込まれる可能性は低くなり
利益率も確保できます。

関税による返還を防ぐ

amazon輸出 fba 直送

他にも、関税を後払いにする方法があります。

DHL等で提供しているものですが
通関時に関税が発生した場合でも
このサービスを利用すれば
DHLが支払いを行い、後に請求してくれます。

これでAmazonに請求がいくことはありません。

これを利用すれば
通関時にかかる関税を
運送会社が立て替え支払をしてくれて
後で発送元や指定した所に
請求をしてくれるようになります。

手数料は1回の配送につき2~3000円程度です。

例えば、500個の商品を送った時
1個当たり4円~6円と考えれば
かなり安いのではないかと思います。

FBAへの直送には
インポーターをAmazonとは別に設け
インボイスにそのインポーターを設定する等の
配慮が必要となることを考えましょう。

最後に

まとめ

「amazon輸出fbaに直送する際の注意点」

楽にFBA倉庫に直送できれば
業者などが存在できるはずがありません。

ポイントを抑えることで
他の方と差別化もできますので

この記事を参考にしてくださいね。

関連記事一覧