アマトピア「在庫追跡機能」の使い方【一連の流れをわかりやすく解説】

Amazon輸入, Amazon輸出

こちらではアマトピアの
在庫追跡機能」の使い方を
わかりやすく解説していきます。

 在庫追跡機能の使用の流れ

アマトピアの
在庫追跡機能では、
商品の在庫数の変化を
追跡する事で
一定期間の販売数を
予測する事が出来ます。

以下の手順で
在庫追跡をしていきましょう。

  1. 使用前の設定
  2. ASIN/商品URLから追加
  3. ユーザーから追加
  4. ページ単位で追加
  5. 各項目の説明
  6. CSVでエクスポート
  7. フォルダ管理

使用前の設定

在庫追跡機能を
使用するための設定は、
特に必要ありません。

在庫追跡機能ではMWSキーが
なくても利用が可能です。

FBA出品者数も取得したい場合は
MWSキーが必要です。

ASIN/商品URLから追加

追跡したい商品の
ASINコードか、
Amazon商品ページURLを
入力し、対象とする
Amazon市場を選択します。

最後に、「検索」を押しましょう。

追加する商品を販売している
「販売者」の一覧が表示されるので
その中から追跡したい
販売者を選択し「追加」を押します。

すると、
商品が商品一覧のテーブルに
追加されていきます。

この時点で、
在庫数等のデータ取得が
始まり、一度設定を行えば
PCを閉じていても
在庫追跡機能が働きます。

取得情報は
毎日24時に更新されます。

ユーザーから追加

追加する商品を販売している
出品者IDを入力し、
対象とする
Amazon市場を選択します。
(AWSキーの設定を行っている国のみ)

最後に「検索」を押しましょう。

追加する商品を販売している
販売者の「商品」一覧が
表示されるので
その中から追跡したい
商品を選択し「追加」を押します。

すると、
商品が商品一覧のテーブルに
追加されていきます。

この時点で、
在庫数等のデータ取得が
始まり、一度設定を行えば
PCを閉じていても
在庫追跡機能が働きます。

取得情報は
毎日24時に更新されます。

ページ単位で追加

商品ページ単位で
追跡することが出来ます。

追跡したい商品の
ASINコードか、
Amazon商品ページURLを
入力し「検索」を押します。

追跡する対象は
カート価格の10%以内の価格で
出品している新品FBAセラーと
カート価格以下で出品している
中古FBAセラーのみです。

またゴールドプラン・プラチナプランを
ご利用の方は
CSVからインポート」を
行うことも出来ます。

ASINリストを一括で
読み込みます。
一括抽出の場合の
追跡する対象は
メインカート価格10%以内の
FBAセラーのみです。

各項目の説明

商品一覧の各項目を
1つ1つ説明します。

商品画像→Amazonに掲載される商品画像
商品名→Amazonに掲載される商品タイトル
ASIN→ASINコード
店舗名→追跡した出品者の店舗名
出品者ID→追跡した出品者の出品者ID
在庫数(平均)→日時指定により選択した期間内の平均在庫数
販売価格(平均)→日時指定により選択した期間内の平均販売価格
ランキング(平均)→日時指定により選択した期間内の平均ランキング数(大カテゴリ)
操作→グラフの作成(日時指定期間における在庫数とランキングの確認)
新品在庫数(平均)→日時指定により選択した期間内の平均新品在庫数
A.中古在庫数(平均)→日時指定により選択した期間内の平均中古在庫数
B.新品販売価格(平均)→日時指定により選択した期間内の平均新品販売価格
C.中古販売価格(平均)→日時指定により選択した期間内の平均中古販売価格

CSVでエクスポート

追跡した商品一覧を
CSVファイルに
出力する事が出来ます。

出力したい商品を
商品画像横にある
チェックで選択し、
CSVでエクスポート
を押すと出力されます。

出力したファイル(Track.csv)には、
在庫数以下全ての
追跡情報が記録されています。

フォルダ管理

追跡した商品は
フォルダ分けをしたり
まとめたりをする事が可能です。

PCのようにフォルダを
作成出来るので、
管理しやすいように
自由に作成しましょう。

最後に

アマトピアの
「在庫追跡機能の使い方」
をわかりやすく解説しました。

参考となるセラーの
在庫数を知ることや
商品の価格やランキングを
把握することは
非常に重要です。

在庫追跡を行って
的確な仕入れや販売を行い
売上をアップしましょう。

関連記事一覧