Amazon無在庫ツールを使う前に抑えるルールと効率を求めた使い方

Amazonツール

Amazonで無在庫販売をするには
知っておかなければならないこと
幾つかあります。

まずそれを覚えましょう。

次にそれを抑えた上で
無在庫販売の特性を全面に押し出すには
効率化を意識した方が良いです。

そこには無在庫ツールを使いましょう。

無在庫販売には
FBA販売にはないリスクが
確かに潜んでいますが
一つずつ排除していくことで
貧者には理想的な販売形態となり得ます。
(貧者という言葉には語弊があるかもしれません)

Amazonでの販売禁止商品に注意

無在庫販売では
出品した後の価格管理と
仕入元の在庫状況だけに注視していれば
良い訳ではありません。

商品リサーチの段階にも
危険性は潜んでいるのです。

それが禁止商品の取り扱いです。

どこのECにも販売してはいけないという
商品があり、それがAmazonにおいても
規定されているというだけです。

それが一般常識や社会通念上
特段意識する必要もない類の商品であれば
商品リサーチでの選定作業時で
問題なく選り分けられると思います。

例えば大多数が見て
不快感を与えると思われる商品
(各人で抱く感情は違うと言えど
大数が不快感を抱けばそれにあたります)
アダルト関連の商品等
それに該当するかと思います。

その一方でAmazon独自に規定された
商品にも注視しなければならない訳ですが
それはもう規約を各々で覚えるしか
対処する方法はないかと思います。

ペダル付の電動自転車は販売禁止です。

配達時間の設定を意識する

無在庫販売においての
強みとなるものが配達時間
任意に設定できる面です。

これが設けられていることで
商品の受注後に商品を仕入れるという
芸当が可能になってきます。

顧客の心情からすると
1日でも早く届いてほしいと
殆どが思っているでしょうから
通常、配送面から比較するだけでも
FCに在庫を持つFBA販売に分があります。

ですので、無在庫販売として
勝負するにはFBA販売者の存在を
超越しなければなりません。

FBA販売者がまだ気付いていない商品、
FBA納品ルールに抵触する商品、
FBAとして在庫を持つほど
売上の見込めない商品等
取る戦略は幾らか考えられます。

VAT登録は怠ってはならない

VATとはヨーロッパを商圏とした場合に
発生する付加価値税のことですが
ヨーロッパを対象とした販売行為を
行う上では看過できない問題です。

勿論、VATは無在庫販売に
限ったことではなく
ヨーロッパAmazonでの
FBA販売においても必須ですが
参入人口から考えると
ヨーロッパAmazonの場合殆どが
無在庫販売に限られてくると思います。

VATは商品価格に盛り込んで
おかなければなりませんので
ヨーロッパの販売で利益を出すには
この概念も考慮して計算してください。

自動価格改定機能とは

以上、最低限無在庫販売において
認識すべきことが分かったところで
無在庫販売での「効率化」
話を移します。

価格改定行為を
ツールに任せることが
まず効率化の始まりとなりますが
その上で一度ツールに設定した
改定条件は自動化できます。

それがアマトピアの場合
1時間,6時間,24時間という
改定間隔から選択できますので
自身の戦略と合わせて
改定したい間隔を選びます。

通常、1日(24時間)に設定しておけば
問題ないかと思いますが
各人の戦略以前に商品数が
万単位となる方であれば
物理的な問題として24時間を
選択するしかありません。

ここはMWS-APIを利用する場合
避けられない部分ですので
納得してもらうしかないのですが
それでも価格の管理面と
仕入元の在庫監視という両面が
果たされますので問題はないかと考えます。

Amazonポイントを考慮して初めて真の価格改定と言える

Amazonには
商品価格とは別に
Amazonポイントという
購入者に還元されるシステムがあります。

例えば商品価格が「1,000円」だとしても
その商品にAmazonポイント「500P」が
付与されていれば実質価格は500円となります。

Amazonポイントというシステムを
顧客が認識していないことも
ありますのでカートに入れるまでは
分からないかもしれませんが
それでも、Amazonポイントを
考慮に入れない価格改定であれば
実質価格が500円にも関わらず
常に1000円を目指してしまいます。

これは実質価格を認識している
人間からすれば、価格面として
買うに値しないことになりますので
競争する土台に立っていません。

あくまで商品を売る為に
価格改定を行うのであれば
Amazonポイント、更にはAmazon配送料
考慮してこそ真の価格改定と言えます。

コンディションとセイフティ

より適正な価格での
販売を目指す為に他にも
良い機能はあります。

まずコンディション別の改定能力ですが
新品であれば、新品での最安価格
若しくはカート価格に合わせた
価格改定を行わなければ
大きく利益を逸してしまいます。

売れる確率は高まるでしょうが
新品が中古品に合わせてはいけません。

また、セイフティの設定
不当な廉売者から価格を守る為には必須です。

その商品への参加者(出品者)が多いほど
投げ売りする方が現れる確率も
高まりますので、出品前に明確な
利益計算ルールを設けた上で
セイフティ(限界価格)を設定してください。

この二つの機能は
適正価格を厳守する為にあると言えます。

関連記事一覧