「Amazon輸入でのリサーチ方法」を知る前に考えるべきこと

Amazon輸入

Amazon輸入販売において
利益を出す為のプロセスとして
商品リサーチは欠かせません。

リサーチの基準を
自分の中で確立させて
その基準から外れることなく
数字に落とし込んた仕入れが実現できれば
後は経験を積み重ねていくごとに
利益も自然と付いてくると思います。

ここでは数値に落とすということが
重要であり、結果として自分の基準に反する
感覚的なリサーチは思わぬ結果を
もたらすことがあります。

投資の世界と同じで
その場では、如何に美味しい相場に
思えたとしても、仮にそこで
莫大な利益が出たとしても
感覚的に行動してしまえば即退場です。

リサーチもそれと同じであるべきであり
リサーチの方法以前に
理解しておく要素がAmazon輸入には
存在しています。

それを説明していきたいと思います。

新製品(類似品)の発売

amazon輸入 リサーチ 方法

如何に、事前のリサーチによって
回転も良く、利益も出る商品を
確保できていたとしても
その商品よりも高性能な商品
発売されれば、人はそこになびきます。

新製品の発売といって
一見、回避できなそうな
不可避の問題と思われますが
その類の商品に関する情報全般を
常にキャッチアップしておけば
この様な事態は避けられるはずです。

リサーチとは
Amazon内でのリサーチに
限った話と思わずに
全方位的にアンテナを
張り巡らしてください。

それが役立つ時が必ずあります。

配送方法の特殊な商品

amazon輸入 リサーチ 方法

例えば、いつも使っている
商品配送の手段が
日本郵便のEMSやeパケットだとしましょう。

一定額の保証も備わっていて
配送スピードは文句なしの速度。

では、この商品も
この配送を使った場合
これだけの費用が発生したとして
最終的にこれだけの利益が残る。

ここまで計算したとして
その商品が航空機に積載できなければ
計算は絵に描いた餅です。

商品リサーチから
各種費用計算に至るまでには
その商品の重さまで考慮して
それに伴う配送方法を選択しなければ
なりません。

商品の実重量(容積重量)まで考えましょう。

保険に入らなくて良いか

amazon輸入 リサーチ 方法

Amazon輸入販売では
その商品に対する責任が
製造者ではなく輸入者へ主体が移ります。

では、購入者に対して
責任を負わなければならない
状況とはどの様なものでしょうか。

例えば、電化製品で考えてみますが
海外から電子レンジを仕入れたとして
その商品が突如、加熱の際に爆発して
購入者の腕に傷害を与えたとします。

当然ですが、責任の矛先として
輸入販売者であるあなたに対し
損害賠償の請求を行うでしょう。

損害賠償請求訴訟ですね。

そこで過失が認められれば
賠償額はとても一度に払える額ではありません。

生涯掛けて支払う様な賠償額です。

それ程に、扱う商材によっては
リスクが付きまとう訳ですので
特に、家電や子供の玩具等を扱う場合には
保険の加入は行っておきましょう。

それがあなたを守ることに繋がります。

税関で止められる

amazon輸入 リサーチ 方法

Amazon輸入販売ですので
海外から商品を輸送して
日本国内へ入ってくる訳です。

ここで二つ関門があると言えます。

一つは海外側の税関です。

その輸入商品が
当該国での輸出規制に抵触して
止められる可能性を考えてなくてはなりません。

コピー製品や商標違反商品と
みなされた際には、商品が止められるだけでなく
没収され焼却処分となる恐れもありますので
通関できるか否かは
事前に充分に検討する必要があります。

海外の税関を通過できたとしても
日本の税関で問題とみなされる
場合も勿論あります。

税関に関する疑問は
税関に聞くのが確実ですので
自分の扱う商品に少しでも
疑問があった場合には
必ずクリアしておくことをお勧めします。

また、通関の際には
関税も考慮しなくてはなりません。

ここが意外と
利益計算から抜けていることが多く
思わぬ赤字を発生させる要因に
なりかねません。

関税は毎回発生する訳ではありませんが
関税の対象となる商材であれば
確実に発生するものとして
利益計算をして、その上で利益の出るもの
だけを扱うように心掛けてください。

最後に

amazon輸入 リサーチ 方法

ここまでご覧頂ければ
リサーチだけで全てが完結する
訳ではないということが
お分かり頂けたかと思います。

物事には限界というものがあります。

販路にAmazonを選択する以上
Amazonでの規約変更
部分的には日に日に変化していき
その変化に対応できない人は
何れAmazonからペナルティを
受けることに繋がるでしょう。

ここに挙げた
リサーチ前に考える要因(問題)は
氷山の一角であり
他にも意識しなければならない
要素はこれを書いている時点にも
生まれているのかもしれません。

規約に関する変更点等は
Amazonからメールマガジンの形式で
届きますので、そこに留意するだけでも
簡便なリスクヘッジ法になるかと思います。

最低限抑えるべきところを抑えて
そこからは本来のリサーチによって
利益の追求に走れば
リサーチだけを意識するよりも
更に良い結果が得られると思いますので
ここでのことと、リサーチ法の
二つをセットに考えて行動してください。

関連記事一覧