アマゾン輸入ビジネスでのリスクを理解する【在庫リスクの回避法】

Amazon輸入

アマゾン輸入ビジネスで
最大のリスクは不良在庫です。

キャッシュフローを安定化させるには
想定した在庫をはかせることが
大変重要な意味を持ちますので
商品選びがここでポイントとなります。

在庫数のポイント

amazon輸出 カテゴリー申請

アマゾン輸入実践者の大部分が
小売りからの仕入を主としています。

多くは海外のアマゾンです。

そこで商品を仕入れる限り
多くの方が同様に仕入れることが
できる為、競争の激化は避けられません。

つまり、海外アマゾン等で
大量な仕入を行うことはリスクに
直結してしまうということです。

アマゾンでの仕入を中心とするなら
仕入れは少数個と決めた上で
在庫は貯めないことです。

捌ききれなくなることが
手に取る様に分かります。

やはり、在庫リスクを軽減しつつ
大量な仕入を実現する為には
卸元やメーカーとの取引は外せません。

最大のリスクを解除することは
利益の最大化に繋がると言えますので
将来的にはそこを見据えてビジネスをしましょう。

法律が関係することも忘れない

amazon輸入 関税

輸入で痛いのは赤字になることではありません。

赤字になったとしても
1商品せいぜい数百円~数千円です。
全体でみれば大した金額ではありません。

最も痛いのは商品が
そもそも販売できないという事です。

税関でストップされたり
アマゾンでは販売できなかったりと
その場合は、仕入れ値がそのまま赤字となって
出ていきます。

販売管理を徹底する

amazon輸入 関税

ビジネスをする上で
売上しか把握していない方は多いと思います。

どれだけ仕入れたか
どれだけ売れたか
利益率はいくらか

そのあたりは絶対に抑えておきましょう。

管理ってとても面倒ですが
言うまでも無く非常に大切です。

利益がいくらか分からないというのは
ありえません。

自分の手持ちの資金を把握しつつ
限界まで仕入れを行う。

それを繰り返していると
自然と利益はついてきます。

売上が正確に管理されていないと
漠然と、利益がでてるな程度でしか
把握する事ができないので
仕入れでの勝負をしかける事ができません。

一歩引いた戦いしかできない訳です。

ビジネスでは分からない事が多いほど
利益が目減りします。

他人が絡む事は分からない事があっても
仕方ありませんが
自分の中で解決できる事は
あらかじめしておきましょう。

資金0でのスタート

アマゾン輸入転売

結論から言いますが資金は必要です。

少なくても30万円は
運用できる準備をしましょう。

100万以上を運用できれば心強いです。

ちなみに1,000万円あれば
余裕で月利100万を誰でも越えられます。

資金のある方が優位に働くのが
このビジネスの特徴ですので
資金「0」でのスタートはあり得ません。

最後に

まとめ

「アマゾン輸入ビジネスリスクの筆頭」

アマゾン輸入にも
リスクが存在するからこそ

目を通してほしい記事となります。

リスクは事前に防ぐことが
可能であることをお忘れなく。

関連記事一覧