Amazon輸出ビジネス化のポイント【プロ思考がビジネス化の鍵】

Amazon輸出

Amazon輸出を
副業と捉えるか
ビジネスと捉えるか
ポイントは変わってきます。

副業としてであれば
最小限の費用で抑えることができますが
同時に利益の拡大も
難しいものになります。

ビジネスとして実践するならば
費用は、利益で相殺する意識に
変える必要があります。

そうでなければ
Amazon輸出ビジネスでの飛躍は
難しいものとなるでしょう。

費用は適切に使う

amazon輸出 fba 直送

Amazon輸出にて
利益を安定させる為には
FBAの利用は欠かせません。

無在庫販売との比重を変えましょう。

確かに、無在庫販売と比較すると
雑務が発生してきますし
費用も0とはいきません。

FBAに納品するには
Amazonで用いる商品ラベルが必須ですが
これは外注化できます。

商品発送においても同じです。

FBA納品には、Amazonへ直送でなく
インポーターを介する必要がありますので
現地で人を捜しましょう。

最初は二の足を踏むのも頷けますが
外注化にお金を惜しんでいる様では
Amazon輸出のビジネス化は果たせません。

必要条件と言えます。

卸との契約

amazon輸出 fba 代行

Amazon輸出で利益を安定化させる
ポイントとして、商品の選定は外せません。

独自の商品を扱う必要があります。

これは、オリジナルという意味ではなく
多くのAmazon輸出販売者が扱う
人気商品以外のニッチな商品という意味です。

ニッチな商品を見つけた際
小売から購入するのも悪くはありませんが
Amazon輸出はあくまで物販ですので
物販のポイントは、如何に安く仕入れる
ことができるかです。

ニッチな商品であれば
知名度の低いメーカーや卸が扱う可能性が
高くなりますので
交渉の余地が生まれます。

卸契約を取り付ける迄の流れ

amazon輸出 fba 代行

ニッチな商品を扱うことが
Amazon輸出ビジネスで差別化する
ポイントとなることは前述した通りですが
そこで、その手の商品を
卸契約するまでの手順をご紹介します。

まずは、検索ツールを使いましょう。
これが一番早いです。

ニッチな商品として成立する要件として
お勧めするのは、Amazon内で
月に5個程度売れるものです。

これはランキングに置き換えることが可能で
10,001位から100,000位の商品が該当します。

故に検索する条件として
一番にランキングを重視すれば
絞り込みが楽となります。

それ以外に必要な要件として
「価格差、レビュー、在庫数」等があれば
より良い商品が揃うでしょうが
同時に、絞込条件を増やすことは
対象商品の減少にも繋がりますので
バランスが必要です。
※検索結果に応じて調整しましょう。

ツールを使い、候補となる商品が
ある程度出揃った後には
その商品のメーカー名を調べます。

これは商品タイトルから
Googleで検索すれば容易に確認できます。

ここからが交渉のフェーズとなりますが
仕入れ条件として優位性を得る順序としては

「メーカー → 正規代理店 → 卸」

の順番に「メーカー」から
当たりを付けていくことが合理的ですので
メーカーの公式サイトから
コンタクトを図っていきます。

この段階は、会社規模に応じて
反応はピンキリとなりますので
ここで契約が成立することも
充分にあり得ますが
通常は簡単には決まりませんので
断られて当たり前の姿勢で交渉しましょう。

代理店が既に存在していれば
間違いなく断られますので
その際には、代理店を紹介して貰います。

正規代理店を紹介して貰えないことは
あり得ませんので、次に交渉すべきは
正規代理店となります。

代理店と契約できる場合でも
小売から仕入れる場合と比べれば
値下率は充分に、ビジネスとして
成立しますのでこの方法により
複数の商品の契約を取り付けていけます。

商品には個別に原価率が存在する

amazon輸入とは

例えば、商品カテゴリが
アパレル(繊維)の場合では
小売価格の7割引程度までは
下げることが可能ですのでお勧めです。

一方で、音楽CDやゲーム等は
1割引程度が限界点ですので
交渉する余地はあまりありません。
※このカテゴリでは小売から
購入する方が賢明と言えます。

商品メーカーも商売ですので
買い手が現れれば、基本的に
断る理由はありません。

仕入れでの差別化を意識することで
これだけでもAmazon輸出ビジネスとして
大きな強みとなりますので
他のAmazon輸出実践者がやっていないことを
考えて実行していきましょう。

最後に

amazon輸入代行

「amazon輸出ビジネス化のポイント」

Amazon輸出を

副業としてと捉えるか
ビジネスとして捉えるかで

確実に結果は変わってきます。

関連記事一覧