Amazon輸出ツールで起こったサスペンド事例【ツールの適切な使い方を理解する】

Amazon輸出

Amazon輸出を行う際
一番の問題となるのが
サスペンド(アカウント凍結)です。

サスペンドとは
Amazonのアカウントが
凍結されることですが
この判定を下された場合
最悪のケースでは復活できません。

積み上げた売上や評価諸々が
一瞬にして0になりますので
Amazon輸出を実践する全ての方に
関係する話となります。

キャンセル率の増加

amazon輸入とは

出品している商品に対し
顧客から注文が入った場合
こちらの一方的な都合により
キャンセルしてしまえば
Amazonからの悪評は免れません。

ここで問題となるのは
そのキャンセルが
Amazon輸出ツールにより
引き起こされるケースです。

キャンセルする理由は
出品していた商品が、実は
販売価格が誤っていたり
商品が微妙に異なるモデルだったり等と
出品時に問題となる場合が多いので
出品系のAmazon輸出ツールに関して
看過することができない事例です。

ツールも万能ではありませんので
過信しぎるのは危険と言えます。

知的財産権の侵害

amazon輸出 fba 手順

こちらは、知的財産権の侵害として
メーカー等からのクレームとして
挙がってくるものです。

クレーム元はAmazon輸出市場ですので
海外メーカーが殆どとなります。

ここでは、出品した商品そのものが
問題となりますので
それらがリサーチ系ツールにより
拾ってきたものであれば
そのリサーチ系ツールの段階で
排除する能力(機能)が必要となります。

ですが、この手の問題は
オリジナル商品でも扱っていない限り
完全に解消することは不可能ですので
バランスが肝要です。

サスペンドを防ぐ為には

amazon輸出 送料設定

前述した通り
Amazon輸出市場という
海外を対象としたビジネスですので
なるべくクレームを避けたければ
日本の商品に絞った方が無難です。

リサーチ系ツールを使用して
商品を抽出する際には
同時にJANコードが目視できるものが
サスペンド対策に役立ちます。

日本の商品は、JANコードの先頭
「45」等となりますので
ここを覚えておくのも一回避策として
お勧めできます。

他には、一度に大量出品をすることも
避けた方が良いですね。

数量が増すにつれ
Amazonからのアカウント審査が
入りますのでそれだけサスペンドの
確率も増してしまいます。

Amazon輸出ツールの利用により
時間と利益を得る一方で
当然としてリスクも増えますので
その点を考慮した上で
Amazon輸出ビジネスを行ってください。

最後に

まとめ

「amazon輸出ツールで起こるサスペンド事例」

サスペンドは最悪の事態と言えますが
誰しもに可能性があります。

回避するポイントは存在していますので
この機会に把握しておきましょう。

関連記事一覧