Amazon輸出でモノが売れない原因【顧客心理を意識する!】

Amazon輸出

Amazon輸出を実践する過程で
モノが売れないという悩み
誰しもが経験するでしょう。

この売れない原因は
幾つかに分類することが可能です。

現在、Amazon輸出にて
売れないことに直面しているのであれば
この機会にクリアにして
次のステージに進みましょう。

無在庫販売によるデメリット

まとめ

売れない原因を
細分化していきますと
ある販売方法に共通点が見出せます。

それが無在庫販売です。

恐らく様々な好条件から
初めて間もない方であれば
無在庫販売から、Amazon輸出を
開始する方が多いと考えられます。

ですが、多くの場合
FBAでの販売者と比較しますと
同商品を並べた際に
競り負けることが多くなります。

まず、「発送準備期間」が
1つの要因として挙げられます。

これは「leadtime」とも呼ばれますが
商品の受注後に、商品出荷までに掛かる
準備期間を指しています。

Amazon無在庫販売者が
FBA販売者より、発送期間が短いということは
商品の保管場所(海外or国内)から考えて
あり得ないことですので
この点は、商品をいち早く手にしたい
顧客からしてみればマイナスです。

更には、注文が入った後で
仕入れをする関係上
仕入れが確保できず注文キャンセルとなる
可能性はFBA販売者にはないリスクです。

これは、仕入れのリスクで
FBA販売者より優位に立っている以上
仕方ないかもしれません。

モノが売れない場合には
売れない原因が明確にあるということです。

商品カートの獲得率

amazon輸入 関税

他にも、売れない根本的な原因として
BUYBOXの獲得率が左右します。

BUYBOXとはAmazonの商品個別ページで
表示される「カートに入れる」という
表示ですが、販売者が複数いる商品の場合
メインでカートを取れる者
取れない者に分かれてしまいます。

この獲得率がどうしても
FBA販売者より悪くなってしまいます。

カートが取れなければ
顧客の目に留まりませんので
売れない原因として当然の理由と言えます。

「安さ」にこだわる

amazon輸出 fba 返品

売れない要因を解消する為に
最も必要な要素は「価格の安さ」です。

何故なら、顧客の一番の注目度が
この安さにある為です。

多少、Amazonアカウントの評価で
他者より劣る場合でも
価格により正当化されることは多いです。

それほど「安さ」は重要であるということです。

では、その「安さ」を出す為には
どの様な方策が考えられるかですが
大まかに挙げると以下のポイントとなります。

・仕入価格を下げる
このポイントは、普段小売から
仕入れているAmazon輸出者には
出来ない芸当です。

独自に商品メーカー、代理店と交渉して
自分で「安さ」を作りましょう。

・物流を最適化する
商品自体の価格で差別化が難しいのであれば
配送料で出し抜く方法があります。

ですが、配送料が安くなる一方で
発送期間は長くなりますので注意が必要です。
※SAL便等が挙げられます。

あらゆる条件で無在庫販売者が
優位に立とうとも、売れなければ
本末転倒と言えますので
FBA販売とのバランスを考えることが重要です。

最後に

amazon輸出 返品 送料

「amazon輸出で売れない原因とは?」

売れない原因を
一つずつ潰していくことで

後々、楽ができるものです。

売れない原因はなくすことが可能です。

関連記事一覧