Amazon輸出無在庫ツールとしてのアマトピアの活用方法【無在庫販売に興味のある方は必見です】

アマトピア活用法

Amazon輸出の無在庫ツールとしてアマトピアを活用したい場合に一番おすすめする方法は価格改定機能を使うことです。

無在庫販売に興味のある方はまたは既に無在庫販売を行っている方は是非ご覧になってください。

アマトピアがAmazon輸出の無在庫ツールとして最適な理由

握手してる

ご存知の方も多いと思いますがアマトピアの価格改定機能は通常の価格改定ツールのように最安価格やメインカートの価格に合わせるだけでなく

  • Amazon
  • 楽天
  • Yahooショッピング、
  • ヨドバシカメラ

これらの仕入れ価格に合わせ価格改定を行うことができます。

その上設定した仕入れ元の在庫が在庫切れになっている時は出品を自動で停止在庫が復活したらそれに合わせて自動で出品を再開する機能を持っています。

stock

※最安価格やカート価格に合わせることも出来ます。

そのため無在庫販売で最もネックになる二つの問題、価格改定在庫の確認という問題を二つ同時にクリアすることができます。

価格改定は最短で1時間ごとなのでその間に仕入れ元の在庫がなくなり商品が売れてしまうリスクはわずかにありますがそもそも無在庫出品は回転率が低い商品を扱うビジネスなのでそのリスクはかなり低いです。

しかし在庫があると店舗が設定していても在庫を確認したらありませんでした、というリスクはどうしても残ります。

こちらも非常に可能性は低いですが仕入れ元は3つまで設定できるのでAmazon、yahooショッピング、楽天、ヨドバシカメラから選んで3つ全て登録しておけばそのリスクもほぼ無くなります。

配送は自分でやらなくてはならないので主婦の方学生の方、あるいは配送を人に任せることの出来る事業主の方におすすめしています。

商品一つから転送してくれるカンタムソリューションズのような物流を使えば少しコストは高くなりますがサラリーマンの方でもフル活用できる思います。

無在庫販売ツールは必要?

ボードや回路

参考までに既婚の方は奥さんに任せているケースも多いです。

在庫追跡はランキングの高い売れ筋商品に対して使うべきなのでAmazon輸出の無在庫販売のみをやる場合は必要ありません。

また売上分析機能は商品数の多い無在庫販売の場合あった方が便利ですが本機能を使わずとも単純に3ヶ月ほど出品して売れた商品は残して売れていない商品を入れ替えるやり方でも問題ありません。

※仕入れモードを使う場合はAPIの制限で3000品の改定が限界の目安なので商品を入れ替える昼用があります。

ちなみに価格改定は何かしらのツールを使うべきですが出品に関してはAmazon公式のExcelファイルをアップロードするやり方が最も効率的です。

特に無在庫は既存カタログに出品していくことがほとんどになりますのでExcelアップロードを使えば一瞬で終わります。

商品リサーチ機能で出力した差益の取れる商品ファイルをそのままアップロードするのがいいでしょう。

※商品リサーチツールは現在α版の為一般販売は行っておりません。

メインカートを取る為には評価が高い&評価数が多い方が有利なので顧客フォロー機能の使用も推奨できます。

Amazon輸出無在庫ツールとしてアマトピアを活用する場合機能別おすすめ度は以下のようになります。

価格改定
在庫追跡×
売上分析
顧客フォロー
商品リサーチ

それぞれの使い方があると思いますが参考にしていただければと思います。

最後に

いろんなものをてにいれようとする様子

Amazon輸出無在庫ツールとしてのアマトピアの活用方法についてご説明させていただきました。

あなたがもし無在庫販売に興味があるもしくはすでに無在庫販売を行っているのであれば以下のコンテンツも是非参考にしてみてください。

関連記事一覧