Amazon輸入ビジネスの自動化【「AmazonFBA」の利点を最大限に活かす方法】

Amazon輸入

amazon輸入ビジネスには自動化、仕組み化に勝つ為のポイントがあると言えます。

この部分を意識するだけで利益の幅を拡大させると同時に自由な時間は生まれていきますので今すぐ、労働の域を抜け出すにはすぐに自動化に取り掛かってください。

徹底した自動化を意識する

amazon輸入代行

自動化が重要と言いましたがまず、自分ができなければ外注化した際に、委託先へ指示を明確に行うことはできません。

最初は泥臭い道を通り地道な作業の繰り返しが必要です。

そうすることで得られるものはたくさんあります。

次の段階で自動化を考えます。

自動化という枠であればAmazonFBAは第一選択として挙がります。

商品をAmazonFBAセンターへ送付した後は全ての作業を自動化してくれる画期的なサービスです。

AmazonFBAに商品を納品するには商品ラベルの貼付が必要となりますがこのラベル貼りも外注化することで仕組みができます。

AmazonFBAセンターへ商品を送る為の梱包や発送作業も同様に外注化です。

AmazonFBAセンターまでの作業は自分でやる必要があると考えがちですがそれも違うということですね。

では、その外注先をどの様にして探すのかですが良い人材が集まるSOHOとして「クラウドワークス」というサービスがあります。

SOHOを活用する

amazon輸出 セミナー 大阪

ここは、クラウドソーシングサービスとしてアプリ開発からデータ入力等の作業まで幅広い仕事に対応したSOHOなのですが例えば、ここでAmazon輸出関連の梱包作業やラベル貼、AmazonFBAセンターまでの商品発送業務をお願いした場合かなりの確率で人が集まります。

こういった単純作業は絶えず人気がある傾向にありますのでより良い人を選別することが可能です。

初めは、雇った人が急に音信不通になるといったトラブルに繋がることも少なくありませんが1人ではなく、複数人を確保しておくことでリスクヘッジすることは出来ますので外注先を探す際の一案としては持っておいて欲しいサービスの1つです。

代行会社の活用

自動化・仕組み化を行う上で自動化・仕組み化を行いたい業務が既存の代行サービスとして存在する場合個人の外注さんに任せず代行会社に頼むという選択肢も考えられます。

一般的に自分で仕組みを築いた場合と比べてコストは高くなる傾向にありますが個人で外注さんを雇った場合その人が仕事をやめて仕組みが崩れてしまうリスクや教育する為のコストがかかるので最初から代行会社を利用する方も多いです。

特に物流業務に関しては自社で発送するよりも安いサービスが増えているので特に商品の発送や梱包等で困っている方は代行会社の利用をおすすめします。

リサーチの自動化

amazon輸入代行

次に、商品リサーチの話に変わりますがリサーチ作業は殆どがリサーチ系のツールによって代行されます。

これは1品1品、地道に探していく作業から考えれば立派な自動化と言えます。

ですが、リサーチで探しだす条件さえルール化してしまえばこの部分も、人にリサーチツールを渡して完全に自動化してしまうことも可能です。

多くを自動化することで自分は頭を使うことに徹し勝つ為の戦略に時間を充てることが本来の自動化の本質です。

浮いた時間で楽していては次のステージに繋がりませんのでAmazon輸入ビジネスとは何かを追求し続けてください。

最後に

まとめ

Amazon輸入ビジネスは自動化・仕組み化の有無で結果が大きく左右されますがまだまだ、せどり感覚でAmazon輸入に臨まれる方は多いです。

そのようなライバルセラーと差をつける為にもきちんと自動化を徹底的に意識していきましょう。

関連記事一覧