アマゾン輸出ビジネスを始めるにあたって【初心者必見の注意ポイント】

Amazon輸出

人気の高いアマゾン輸出ビジネス。

これからスタートしようと
いう方も多いはずです。

Amazon輸出ビジネスとは
海外Amazonと日本Amazonで
価格差のある商品を見つけて
日本で仕入れて海外で売るという
ネットビジネスのことを指します。

Amazon輸出では、数万円を超える
利ざやが見つかることも珍しくありません。

しかも、Amazon輸出は
比較的取り組みやすくて稼げる副業と
言われています。

できればビジネスを始めるにあたり
無傷で行きたいと誰でも考えますが
中々、綺麗に事は運びません。

アマゾン輸出ビジネスは
失敗を繰り返しながら成長していく。

どのビジネスにも共通したことかも
しれませんが、肌感覚として
その様な想いが強いと感じます。

初心者が注意すべきポイント

amazon輸出 fba 代行

失敗を繰り返すとは言えど
予備知識を武装することで
ある程度回避することは可能です。

初心者が通りやすいポイントを紹介します。

モノが売れない

アマゾン輸出 ツール おすすめ

まず、初めは出品しても
中々売れないという点です。

これは、Amazonアカウントの
評価がマッサラなわけですから
当然と言えば当然と言えます。

自身を購入者の立場で考えれば分かりますが
評価0の出品者よりも
星がたくさんある方から買いたいと思うのが
人情です。

ですが一方で、アマゾン「輸出」ビジネス
の場合、仕入れリスクは抑えることが
可能となります。

Amazon輸出は、Amazon自体が
仕入れ先になります。

つまり、仕入れ先が見つからないという
リスクが低くなるんです。

ですから、注文を受けてから仕入れる
という無在庫販売の実践者が多いんです。

無在庫販売の場合
仕入れで赤字になるリスクがか下がります。

初めは、利益よりも
良い星を集めることに重きを置くべきです。

レビューも同様で中々つきません。

10件で1件貰えれば良い方です。
その意識で積み重ねる必要があります。

数字の根拠を併せ持つ

amazon輸出 fba 納品

次に、仕入れる商品は
数値に落とし込むことが重要です。

多くの初心者が陥りますが
仮に1ヶ月で10個売れると想定して
出品している商品が、1ヶ月経っても売れない
場合、廉価に価格を改定してでも
損切してしまいがちです。

仕入れる商品が
1ヶ月に何個売れるもので
他の出品者がどの程度存在するのか
それらを最低限考慮した上で
仕入れに臨めば、上記の問題は起こりません。

計算を怠ってはならない

amazon輸入 関税

利益の計算も重要です。

初心者の多くが
事前の利益計算が杜撰な理由により
墓穴を掘ってしまいます。

自分自身で首を絞めてしまっては
戦う土俵にすら立っていないと言えますので
緻密なシミュレーションを行いましょう。

仕入れ費用から配送料
アマゾンに要する手数料
それらを差し引いて尚
ライバルの存在を考慮した上で売れるのか。

そこまで考えてみましょう。

最後に

まとめ

「アマゾン輸出ビジネスを始めるにあたって」

これから始めるという方には
是非、参考にしていただきたい記事です。

ポイントを抑えるだけで
遠回りを避けられるかもしれません。

関連記事一覧