Amazonの販売数を調べる3種類のツール

アマトピア活用法

Amazonの販売数を調べる方法は状況に応じて3通りあります。

1つは商品リサーチ機能の予測販売数を利用する方法です。

商品リサーチ機能による販売数予測

こちらはカテゴリ毎の実売データをビッグデータとして収集することで販売数を予測しています。

ビッグデータ収集開始時の計算の様子

実際には1つのカテゴリに付きこの10倍の量のデータを収集しているためかなり正確な販売数となっています。

在庫数の変化取得による販売数予測

しかしあくまでカテゴリとセールスランクの基づく販売数であるため子ASINなどのセールスランクが出ないような商品の販売個数は直接データ取集を行う必要がありその場合は在庫追跡機能によりそれが可能になります。

在庫追跡機能による取得の様子

ただしどちらもあくまで過去の販売数であることには注意が必要です。

季節物の商品であれば特定の時期だけ売れている可能性もあります。またAmazonは商品ではなく販売ページで売上が決まる為類似品を新規ページで出品したからと言って同じ売り上げを作ることが出来るわけではありません。指標にしているページを上回る力があって初めて、予想販売数と同等かそれ以上に売ることが出来ます。

相乗り出品の場合は予想販売数÷カート権利取得出品者数で販売数を出すことが出来ます。

売上分析による販売数取得

また一度出品を開始した商品に関しては市場の販売数データはあまり役に立たなくなります。理由は先ほど述べたように新規出品では商品ページの出来や集客状況などに販売数が依存する為です。ランキングが大幅に変化することも考えられるので一度出品を開始した用品に対しては実売データに基づく売上分析・需要予測を行う必要があります。

売上分析機能による予想販売数等取得

状況に応じて適切な販売数取得ツールは変わってくるのでぜひ使い分けてください。

 

関連記事一覧