Amazon輸出ビジネスでは評判(顧客)を意識することが重要

Amazon輸出

Amazon輸出ビジネスでは
言わば、Amazon上に自身の店舗を
構えていることと同義です。

店舗ですから相手(顧客)がいて
初めて成り立ちます。

相手あってのビジネスなのですから
自分の利益だけを優先して考えていれば
自ずと、自分の評判(評価)も下がります。

これはビジネスとして当然です。

Amazon輸出ビジネスは
物販ではありますが
ネットビジネスという性質上
相手の顔は見えませんし
eBayとは違ってFBAでの自動化も可能な為
ついつい顧客を疎かにしがちです。

それでは評判は下がります。

評判を意識すれば見えてくる

amazon輸出 fba 代行

顧客の目線で考えてみましょう。

顧客は同じ人間なのですから
可能なはずです。

記載されている商品状態とは
異なるものが送られれば評判は下がりますし
期間内に届かなくても評判は下がります。

販売者都合により
一方的にキャンセルされても評判に影響します。

幾つか挙げましたが
これらの点は幾らでも改善できます。

悪評の改善方法とは

amazon輸出 fba 手順

商品状態をNEWと設定したなら
NEWの出品を徹底すれば良いですし
期間内の発送も、発送準備期間の調整や
物流自体を現状より最適化したりと
できることは山ほどあります。

amazon輸出は海外に販売するビジネスなので
当然リスクは日本に販売するより
高くなります。

でもリスクと聞くと
マイナスなイメージがありますが
考え方によってはプラスに変える事も
できる人もいますよね。

色々な参入障壁をリスクと判断するか
チャンスと判断するかで
今後も変わってくると思います。

amazon輸出では
これはやらない方がいいだろうなと
判断した事が結構あります。

配送1つ取ってもリスクだけで言えば
安い配送方法を選択してその後の
大きなリスクを背負って対処できると
判断された方や

高額の配送方法を選択して
販売合計が他者より高くなってしまう
リスクを背負うと判断し
売れる方法を考える方。

高額な物を販売し
キャンセル、返品リスクをどう対処するか。

ヨーロッパでの販売で
関税のリスクを対処できると判断するかどうか。

ペイオニアを受け取り先として登録する事。
海外法人や海外支店を設立する事。

在庫を抱えるというリスクに挑戦して
FBAをはじめるかどうか。

予約販売でのリスキーな販売をやるかどうか。

リスクを正しく認識することで
顧客からの評判は驚く程に変わってきます。

Amazon輸出ビジネスを営む以上
まずは利益度外視の意識で
顧客からの評判を考えてください。

そこから必ず利益も付いてきます。

最後に

まとめ

「amazon輸出ビジネスでは評判を意識する」

人は相手にするビジネスですので
顧客からの評判は無視できません。

利益だけを求めすぎると
痛い目に合うかもしれません。

関連記事一覧