Amazon輸出FBAでの送料は馬鹿にできない【物流の基本を学ぼう】

Amazon輸出

Amazon輸出では
無在庫販売FBA販売を比較した場合
送料で大きく違いが出ます。

無在庫販売の場合は
基本的に1品1品を顧客へ直送する為
純粋に送料が発生してしまいます。

日本郵便での発送になるでしょうから
最低でも、1品1,000円前後が
相場かと思います。

ですが、FBAでは纏めて送る
ということができますので
1品あたりの送料はかなり落とせます。

「DHL」の活用

amazon輸出 ホリデーシーズン

AmazonFBAを利用したい場合には
多くがDHLを使うことになります。

見積り方法は、実重量と
容積重量のどちらか大きい方で算出され
実際には、実重量よりも
容積重量が大きくなることが殆どですので
そちらが採用されます。

「縦×横×高さ/5,000の計算式」

ですが、段ボールで梱包したものを
一度に纏めて送ることを考えれば
容積重量は大変有利です。

「FBA倉庫」まで直送するルートの選択

amazon輸出 fba 代行

DHLを利用する一方で
海外にあるAmazon輸出FBA納品代行業者の
倉庫からFBA倉庫まで直送するサービス
目を向けてみましょう。

このサービスは
まず自宅からアメリカのFBA代行会社倉庫まで
送ります。

これは、通常amazon輸出を
行っている時と同様に
日本郵便で送ることができますので
容積重量を考える必要はありません。

アメリカのFBA代行会社へ荷物が到着すると
そこからAmazonFBA倉庫に
商品を送ってくれます。

「UPS」の選択を視野に入れる

amazon輸入 セミナー

 

このサービスを利用する場合のポイントとして
FBA代行会社からアマゾンの倉庫に送る時に
Amazon-Partnered Carrierを指定できる
サービスを提供している会社がおすすめです。

Amazon-Partnered Carrier(UPS)を利用すると
送料が格段に安くなります。

但し、Amazon-Partnered Carrier(UPS)を
利用した場合、結構時間がかかりますので
そこは認識しておく必要があります。

このプランでの利点として
日本郵便などを利用して
アメリカの代行会社まで発送できるので
発送料金が安くあげる事ができます。

また、アメリカの代行業者から
FBA倉庫までをAmazon-Partnered Carrierを
利用すれば、更に費用を抑える事が
できると思います。

反対にマイナス面ですが
FBA倉庫到着までに
かなりの時間を要します。

代行業者からFBA倉庫までを
Amazon-Partnered Carrieで利用する事が
多いのですが、大体「2週間」程トータルで
掛かってしまいます。

インボイスも自分で作らなければ
ならないので、書き方によっては
関税で引っかかる恐れがあります。

商品ダメージもFedexやDHLなどと比較すると
日本郵便の場合はダメージを
受けやすいかもしれないです。

アメリカの代行業者までは
最低でも「EMS」を利用した方がいいのでは
ないかと思っています。

FBA納品で発生する費用について

amazon輸出 fba 手順

AmazonFBAへ荷物を納品する際には
「Shipping Charge」が掛かります。

この費用は算出する際に
段ボールの大きさ、重量等が
左右してしまいますので
おおよそで1個単位に置ける送料を
把握しておくことが後々の管理に楽となります。

一般的には、100グラム単位で
100円-150円程度に収束しますので
それを頭の片隅に入れておいて頂ければ
充分かと思います。

無在庫販売の1品1,000円台よりも
相当カットでき、100円程度まで
抑えられると思いますので
全体的な利益を考えるなら
AmazonFBAの利用を選択しましょう。

最後に

amazon輸出 送料設定

「amazon輸出fbaに掛かる送料とは」

FBAを利用する上で
様々な手数料をとられますが

しっかり把握しておかないと
意外なところで
損益分岐点に絡むかもしれません。

この機会に、送料について理解しましょう。

関連記事一覧