Amazon輸入とは出品プランの選択が「カギ」となる

Amazon輸入

Amazon輸入を開始するにあたり
まずは、2つの出品プランの選択が
求められます。

小口出品と大口出品に分かれるのですが

Amazon輸入をビジネスとして
捉えるのであれば大口を選択するべきです。

大口出品のメリットとは

amazon輸入とは

大口出品プランでは
月額4,900円とお金が掛かりますが

それを差し引いてもメリットの方が
勝ってしまいます。

まず、カテゴリ成約料が安くなります。

小口出品では
1品販売するごとに

100円発生する一方で
大口出品の場合無料となります。

ですが、月額料として金銭が発生する以上

その金額を上回る商品を
月間で販売することが大前提となります。

Amazon輸入をビジネスとして行えば
この取扱量は問題にはなりません。

次に、新規商品の出品権利が与えられます。

これは他のライバルと競争せざるを得ない
相乗出品に対してかなり強みとなり

例えば、幾つかの商品をまとめて
セット販売することでも

新規商品として認められますので
自分の独壇場とすることも可能です。

更に、その商品に
おまけを付ける等すれば
アカウントの評価にもつながりますので

出品プランは大口を選択しましょう。

Amazon出品禁止商品に注意

amazon輸入とは

Amazonには、出品してはならない
商品という規程が設けられています。

禁止商品リストに含まれる商品を
掲載した場合

事前の通知の有無にかかわらず
掲載の取消、Amazon.co.jpのツールおよび
レポートの使用停止

または出品資格の
永久停止を受ける場合があります。

「許認可」

日本における販売につき免許、登録
届け出など必要な許認可を受けていない

出品者による販売や、許認可を受けていない
商品の出品は禁止されています。

「リコール対象商品」

製造業者または政府機関により

リコールの対象とされた商品は
禁止されています。

「不快感を与える資料」

不快感を与える資料には

犯罪現場の写真、体の一部
人種差別を賛美するような製品

または惨事/社会的悲劇に関するサイトから
取り込んだ製品といった製品、違法性
残虐、虐待をテーマにした商品等

一般的に著しく嫌悪感を抱くような
タイトルの商品が含まれます。

「オンラインゲームのゲーム内通貨類」

オンラインゲームの運営会社が
サービス提供を行っているゲーム内で

使用されるゲーム内通貨または

アイテム類のリアルマネートレードの出品は
禁止されています。

「同人PCソフト」

同人PCソフトについては
商品カタログを作成するにあたって

事前にAmazon.co.jpによる許可が
必要となります。

「食品」

鯨肉、鯨肉加工品、イルカ肉
イルカ肉加工品、鮫肉、鮫肉加工品

およびその他類する商品の出品は
禁止されています。

「ペット」

ペットフードを登録する場合は
ペットフード安全法を遵守する
必要があります。

ペットフードの輸入を行い販売する場合には

販売者の主たる事務所が所在する
都道府県の農林水産省地方農政局等に

届出を行う必要があります。

「クレジットカード現金化」

商品券と通常商品のセット販売品等
クレジットカードの利用枠の現金化に

用いられる可能性があると判断される商品。

これだけでも
出品禁止リストの中の一部に過ぎません。

これらのガイドラインに準拠しなければ

ベストな出品プランの選択も
無意味となりますので注意が必要です。

最後に

まとめ

「amazon輸入とは出品プランの選択が鍵となる」

出品プランは基本的なことですが
意外に知られていない要素もありますので

あなたの状況に応じた選択を
心掛けてください。

関連記事一覧