Amazon輸入を副業で取り組む際の考え方【副業の限界を知る】

Amazon輸入

ビジネスとして
第一線に身を置くには
時間と覚悟が必要です。

Amazon輸入もビジネスですので

副業として臨むのは厳しいと
思われるかもしれませんが

事実、副業でAmazon輸入を
営まれている方は多いです。

Amazon輸入は副業で成功できるのでしょうか。

副業の規模なら可能

amazon輸入副業

Amazon輸入の特徴として
自動化、効率化が可能という面があります。

副業をされる方は
当然に本業をメインにされている為

本業で取り組まれる方よりも
時間を捻出することが
物理的に困難です。

ですが、前述した通り

Amazon輸入はFBAを筆頭に
時間を短縮する術が幾つも
用意されている為

副業として成立しやすいのですね。

他にも、梱包配送作業などは
外注さんに頼んだり

リサーチにはツールを活用したりと
効率化する術には事欠きません。

以上から副業として
成功することは可能であると考えますが

ビジネスとして第一線に立つことは
かなり厳しいと思います。

ですが一方で
インターネットを活用したビジネスの中で

最も初心者(副業者)が取り組みやすい
ビジネスだということも事実です。

他のインターネットビジネスでは
こうはいきません。

まず、ホームページやブログ
メルマガなどを作成するスキルが必要です。

最近は競争が激しいので
ただ作っただけではだめで

見た目もきれいで
内容も充実している必要があります。

内容を充実させるためには
さらにランティングスキルも必要です。

高額なノウハウ商材を買ったり
便利なツールを多数買ったりして

なおかつ多くのことを学ばないと
稼げるようになりません。

結局稼げるようになるまでに
多額の投資と時間が必要です。

また、たとえ一度稼げても
継続的に確実に稼ぐのは困難です。

ビジネススキルアップや
常に最新情報を得る努力なども
必要になってくるからです。

つまり初心者にはかなり難しいのです。

どんな事にも
その道のプロになる為には
10,000時間は必要だと言われますし

本業として取り組まない限り
ぶつかる壁に到達することさえも
難しいと予想できます。

本業でAmazon輸入を実践される方は

その様な困難な選択を連続して
乗り越えられている方の集まりですので

副業としては成功可能と思われますが

副業として本業の方の規模と同等に
成功することは難しいと思います。

最後に

まとめ

「amazon輸入副業で取り組む際の考え方」

Amazon輸入には

副業というキーワードが
絶えず見え隠れしますが

副業と本業の違いは明白です。

関連記事一覧