アマゾン輸入には関税の裏技が存在する?

Amazon輸入

アマゾン輸入をビジネスとする以上
関税の存在は無視できません。

関税にはルールがあり

それを無視すると後々
厄介なことになりかねません。

ですが、声高にはできませんが
関税にも裏道が存在しています。

関税の裏技とは

アマゾン輸入 関税

関税は商品によっては
かなりの負担になります。

アマゾン輸入もビジネスですので

それを織り込んだ上で
利益を出す戦略を狙うのは当然ですが

関税を軽減できる可能性がある
方法が存在します。

あくまで”可能性”ですので
100%は上手くいきません。

例えば、海外のネットショップ等から
商品を購入し

その商品を
梱包して、日本に配送してもらうわけですが

その際に“GIFT”という表記を
記載してもらってください。

通関時にGIFT認定されれば
関税は発生しません。

しかし、通関も作業員は1人では
ありませんから中には
中身を確かめられることもあります。

その場合には
素直に関税を払うしかありません。

経験として20%程度の成功率は
ありましたので

この様な方法も
中にはあるのだという紹介です。

卸金額での申告

アマゾン輸入 関税

税関には基本的なものの
値段というのがあります。

適正金額ということです。

では次の要素です。

「HTS」と呼ばれます。
これは世界規格です。

全ての商品にHTSがあるんです。

商品の申告額ではなくて
申告内容から関税を安くしようという
テクニックです。

これもここでは詳しく言えませんが
例えば、おもちゃの消しゴムで見てみます。

イワコーっていうメーカーが有名です。

これを消しゴムと申告すれば

「8%」

例えばですよ。
ですがおもちゃと申告すれば「0%」です。

嘘はいけませんが
明らかに電機のこぎりを
おもちゃとは言えません。

でも主観のところで済む部分。
そこは関税の安い方で申告しましょう。

この場合だとおもちゃですね。

もし引っ掛かったとして
その担当者がいやこれは消しゴムだろうと
言えば、消しゴムですねと言えばいいんです。

ただ、これが電機のこぎりだと
ちょっと面倒くさいことになるので
変なことはしてはいけません。

ぎりぎり許されるパスを出しましょう。

まとめると関税を安くする2つのテクニック

  1. 申告額を低く申告
  2. HTS 安い方で申告

関税は以下の方式で成り立ちます。

「申告額 x HTSで定められた税率 = 関税」

この申告額とHTSで定められた
税率を出来るだけ小さくするというのが
このテクニックの主要素です。

最後に

まとめ

「アマゾン輸入には関税の裏技が存在する?」

裏技に心躍る部分は否定しませんが
そこを突き詰めると

自分に返ってくる場合もあります。

関税自体を受け入れることも
また必要と言えます。

関連記事一覧