Amazon輸出ツールを使って「売れない」から「売れる」へ【結局は使い方次第です】

Amazonツール, Amazon輸出

Amazon輸出を続けていると
ある日、壁にぶつかります。

モノが売れないという事態です。

モノが売れなければ
売上も利益も上がらない訳ですから
ひいては、Amazon輸出ビジネスの
進退をも考えなくてはならない
時期が訪れます。

それは避けなければなりません。

モノが売れないことには
明確な理由が必ず隠れていますので
その状況を打開する為には
その一つ一つを解消していく
他ありません。

「売れない」原因を潰していきましょう。

Amazon輸出特有の売れない理由

Amazon輸出ツール 売れない

Amazon輸出とは
Amazon.comというプラットフォームを
使わせてもらい、販売活動を行いますので
まず、Amazonを知ることから始めます。

Amazonとは言うなれば
大小の小売店が集う「寄合」
の様なものですので
常に、競合他社の存在を
頭に置かなければなりません。

商圏は無限なれど
ライバルは近くに存在する訳です。

まず、二つの販売形態から考えますが
Amazon輸出には「FBA販売」「無在庫販売」
二つの販売方法があります。

ここで参入者の多くが
在庫リスクを避けたいところですので
無在庫販売を選択しますが
在庫を有するFBA販売の方を
顧客至上主義であるAmazonが
優遇するのは必然です。

そこには、販売形態に応じて
ショッピングカートの取得率
優劣が生じてしまいます。

勿論、FBAの方が高くなりますが
そこと張り合う為には
顧客が意識する「安さ」
フォーカスする必要があります。

つまり、無在庫販売を選択した上で
価格まで旨味を狙う様では
商品は「売れない」ということです。

「売れない」解消には意識改善にカギ有り

Amazon輸出ツール 売れない

Amazon輸出でモノを売るには
時間お金が掛かります。

まず、ライバルとしのぎを削る為に
商品選定から独自の基準を
確立させなければなりませんので
それに時間を使います。

その後は、人力なりツールなりで
基準に沿った商品を収集していくでしょう。
(ツールを使う場合にはお金を掛けます)

収集した商品を実際に仕入れ
次に意識すべきは物流です。

利益を上げる為には
無視できない工程ですので
ここはより安価な送料レートを獲得する為に
時間を掛け交渉を重ねるでしょう。

そしていざAmazonで販売する際には
在庫を揃えたFBA販売を選択しますので
在庫リスクと共に、FBAに掛かる費用も
計算上、考慮しなければなりません。

売上を伸ばすには
商品数が総じて増えていくでしょうから
アカウントタイプもプロフェッショナルです。
(月額登録料が発生する)

商品を売る為には
この程度はやって然るべきですが
対照的に「売れない」と嘆いている方の多くは
それらの行為と逆を行っていることが
殆どと言えます。

この「逆」の詳細な説明と
意識を改善してその後に繋げる方法は
以下の記事で解説しております。

初心者が意識すべき売れないポイント

Amazon輸出ツール 売れない

Amazon輸出を
初めて間もない方であれば
売れない理由が明確に分かります。

まず、商品を販売した
顧客からの評価でAmazonアカウントは
成長していきます。

つまり顧客の評価が
そのまま売れるか売れないかに
繋がってくるという訳です。

始めたばかりであれば
評価は0ですので
評価500の方と並んだ場合
通常は500を選択されます。

この場合、価格で優位に立つ他ありませんが
評価500を得ている様なセラーであれば
初心者よりも価格面で優遇することは
比較的容易と思われますので
総じて商品を売ることが難しくなる訳です。

ですので、優先順位として
利益を上げることよりも
アカウント評価を上げることに
注力しましょう。

その場合、商品毎の在庫回転率を見定めて
利益度外視で評価を積み上げていくのが
ベストな方策です。

その他にも
月間の販売予測を綿密にすることが
ライバルの存在を前提とした上で
商品を売る為に重要な要素となります。

売れる売れない以前に考えるべきこと

Amazon輸出ツール 売れない

Amazon輸出では
節操なくあらゆる商品を扱うことは
タブーとされます。

例えば食品類です。

個人の利益を上げている販売者の中で
食品類を扱う方はまずいません。

Amazon.comの所在地アメリカでは
FDAという政府機関が
食料品等の規制を行っている上
そこで設けられた法律を根拠に
AmazonFBAのガイドラインでも
扱いが非常に厳重となっています。

つまりは、商品選定に間違うと
売れないどころかAmazonにその商品が
並ぶこともなくなってしまう訳ですので
売れる方策を考える以前に
ルールを頭に入れることが
Amazon輸出では「最低限」求められます。

勿論、食品類だけではなく
動植物化学製品についても
詳細な規定がありますので
その方面について、別途勉強してください。

「売れない」要因をAmazon輸出ツールで解消するには

Amazon輸出ツール 売れない

ここまで解説してきた中で
様々な売れない事態を招く要因がありましたが
それらは一つ一つ時間を割いて
人が対処していくしかないのでしょうか。

勿論、継続的な販売を目指す以上
それが第一選択としてあるべきです。

ですが、ポイントを絞れば
ツールに代替できなくもありません。

例えば、カート取得率の低さを
改善する為には、まず商品価格をより
適正な価格に保つことが求められます。

これは、自動化しなければ
24時間人が監視しなければ不可能ですので
価格を自動で改定するツールに
任せることで取得率に変化が起きるでしょう。

同時に、アカウント評価数
改善を図ることもカート取得率に繋がりますので
顧客から評価をもらえる様に
逐次、評価を催促するツールを使います。

他にも、商品選定の第一段階には
商品リサーチツールを用いて
大量のデータを集めると思います。

ここで、Amazonの禁止規則と
関連してきますが
例えば、収集した商品情報を
フィルタリングすることで
禁止商品を排除することも可能になります。

ボールペンのインクが
液体類に該当するならば
収集するカテゴリ自体をずらすか
収集した商品名に対し
「Ink」という文字列をカットすれば
避けられることです。

この様に、各種ツールの使い方を
工夫することで案外どうにでもなります。

つまり「売れない」要素は
工夫次第で解消するということです。

関連記事一覧