Amazon輸出でのカテゴリー申請をパスするポイント【競合他社を出し抜く方法】

Amazon輸出

Amazon輸出を行う際に
1つの参入障壁として

個別のカテゴリーには許可申請を
パスしなければ出品できないという
ルールが存在しています。

そのカテゴリーは20個以上にも及び
各々、カテゴリー許可申請をパスする
基準は異なります。

こちらがカテゴリー申請の一覧です。

  • Automotive & Powersports
  • Beauty
  • Clothing & Accessories
  • Collectible Books
  • Collectible Coins
  • Entertainment Collectibles
  • Fine Art
  • Gift Cards
  • Grocery & Gourmet Foods
  • Health & Personal Care
  • Independent Design
  • Jewelry
  • Luggage & Travel Accessories
  • Major Appliances
  • Services
  • Sexual Wellness
  • Shoes, Handbags & Sunglasses
  • Sports Collectibles
  • Video, DVD, & Blu-ray
  • Watches
  • Wine

カテゴリー申請の条件

amazon輸出 カテゴリー申請

カテゴリーによって
申請基準が異なるとは言いましたが

前提条件はあらかた同じです。

まずは、大口出品による
Amazon輸出実践者に限ります。

次に、別媒体の保有が挙げられます。

Amazon内だけでの販売ルートでなく

個別にネットショップを所有していることを
証明できれば許可申請は円滑となります。

他とは異なる
許可申請が必要なカテゴリーですので

Amazon輸出での経験を積んだ実績のある者
でなければ

パスしづらいと考えられるかも
しれませんが、そんなことはありません。

購入明細の提出
忘れれてはいけません。

ここで注意が必要なのは
小売店からの明細では
Amazonはカテゴリー申請を通してくれません。

しっかりとした
卸問屋、商品メーカー等でなければ

審査は厳しくなってしまいます。

もう1つの基準として
アカウントの状態が健全であることも
要求されますので

実は経験者よりも
アカウントの綺麗な新規参入者の方が
有利な部分もあるかもしれません。

ですが、カテゴリー申請に関するルールは
Amazonから非公開とされていますので

細かな部分までは把握しようがないです。

一度、申請不可となった場合でも
二度とカテゴリー申請を受けられない
わけではありませんので

繰り返しチャレンジしましょう。

1つその手のカテゴリーを取れただけでも
かなりの強みになると思います。

最後に

まとめ

「amazon輸出でカテゴリー申請をパスするには」

通常の相乗り出品だけでは
行き詰ることも予想されます。

面倒なことが出来るかどうかで
将来の姿は変わってきます。

関連記事一覧