初心者必見!Amazon輸出無在庫販売で日本から海外に商品を届ける方法

Amazon輸出

目次

Amazon輸出の無在庫販売は、在庫リスクを最小限に抑えつつ国際市場にアクセスできるビジネスモデルとして注目されています。しかし、成功を収めるにはしっかりとした準備と戦略が不可欠です。この記事では、Amazonセラーアカウントの作成から始まり、効果的なリサーチと商品選定、国際配送の設定、そして商品リストの最適化まで、無在庫販売を開始するために必要な各ステップを詳しく解説します。

さらに、顧客対応やレビュー管理、返品処理の方法、仕入れ先の選定や市場調査のポイントなど、実際の運営で注意すべき重要な項目についても取り上げます。これらの情報を参考にすることで、無在庫販売ビジネスを成功に導くための基盤を築くことができます。これからAmazon輸出に挑戦しようと考えている方々にとって、この記事が役立つ指南書となるでしょう。

Amazon輸出の無在庫販売を始めるために必要な準備は?

必要なアカウントの作成

Amazon輸出無在庫販売を始めるには、まずAmazonセラーアカウントを作成する必要があります。

Amazonには個人レベルとプロフェッショナルレベルのアカウントがありますが、ビジネスを本格的に始めるならプロフェッショナルレベルを選ぶことをお勧めします。

このアカウントを作成することで、世界中の顧客に商品を販売することが可能になります。

アカウントを作成する際に必要な情報としては、以下のものが挙げられます:

  • 身分証明書(運転免許証、パスポート、など)
  • 事業を証明する資料(法人の場合)
  • 国際配送が可能な銀行口座情報
  • クレジットカードの情報

さらに、アカウントを作成後は税務関連の設定や支払い方法、配送方法の設定も行います。

これらの設定を通じて海外発送に対応するための準備が整います。

リサーチと商品選定

次に大切なのが、販売する商品のリサーチと選定です。

リサーチを怠ると、売れない商品を大量に抱えるリスクがあります。

以下のステップを参考に、効果的なリサーチを行いましょう:

市場調査を行う

販売を考えている商品の競合状況や需要を確認するために、市場調査を行います。

Amazonの検索機能を使って類似の商品がどれだけ出品されているか、レビューの数や評価をチェックすることで、商品の人気度を把握できます。

ツールを活用する

Amazon輸出で売れる商品を見つけるのにはリサーチツールを利用するのが一般的です。

特に日本市場の商品を仕入れる場合ほとんどのケースで日本メーカー製の商品となり日本のAmazonにも商品が並んでいるため日本→海外で比較できるリサーチツールを使うことになります。(輸入無在庫の場合は逆になります)

仕入れ先の確保

無在庫販売では、実際に在庫を持たずして販売を行いますが、信頼できるサプライヤーやドロップシッピング業者を見つけることが重要です。

AlibabaやGlobal Sourcesなどのサイトを使って、信頼できる供給元を探しましょう。

利益計算を行う

商品の仕入れ価格、Amazonの手数料、配送コストなどを考慮し、適切な価格設定を行います。

利益が十分に取れる商品を選びましょう。

国際配送の設定

次に重要なのが、国際配送の設定です。

無在庫販売では商品を直接顧客に届けるため、配送業者との提携が不可欠です。

以下のステップで国際配送の設定を行いましょう:

配送業者の選定

FedEx、DHL、UPSなど、信頼性の高い国際配送業者と提携することが重要です。配送先の国や地域によって最適な業者を選びましょう。

ただし上記のクーリエは一般的に料金が高く割引契約を取ることが可能なのは月100個以上送ることが出来るようになってからです。

そのため通常は無在庫販売に対応した輸出代行会社を利用することになります。

おすすめは弊社と提携しているSK Logisticsと言うサービスでFBA出荷の代行もエンドユーザー向けの発送の代行も低価格で行ってくれます。

配送ポリシーの設定

Amazonのセラーセントラルで配送ポリシーを設定します。

無料配送オプションや急ぎの配送オプションを提供することで、顧客満足度を高めることができます。

追跡番号の管理

配送済み商品の追跡番号を管理し、顧客に提供することが重要です。

この情報をAmazonに登録することで、顧客が商品配送状況をリアルタイムで確認できるようになります。

また、トラッキングサービスを活用することで、商品が無事に配送されたかを確認することもできます。

商品リストの作成と最適化

商品リサーチと配送の準備が整ったら、次に行うべきは商品リストの作成です。

商品リストは販売成功のカギとなるため、以下のポイントに注意して最適化します。

タイトルの最適化

商品のタイトルには、主要なキーワードを含めます。

具体的でわかりやすいタイトルを設定することで、検索結果に表示されやすくなります。

商品の説明

商品の特徴やメリットを明確に伝える説明文を作成します。

箇条書きやフォントの変化を利用して、読みやすく工夫することが大切です。

画像のクオリティ

高解像度で、多角度から撮影された画像を使用します。

顧客はビジュアル情報に基づいて購買判断を行うため、品質の高い画像が重要です。

キーワードの設定

商品のリストに適切なキーワードを設定することで、検索エンジンでの表示頻度を高めることができます。

リサーチツールを使って効果的なキーワードを選びましょう。

顧客対応とレビュー管理

Amazonでの販売がスタートすると、顧客対応やレビュー管理が重要になります。

これにより、顧客満足度を高め、リピーターを増やすことができます。

顧客対応のコツ

迅速で丁寧な顧客対応が求められます。

問い合わせやクレームに対して迅速に対応することで、信頼性を高めることができます。

レビューの重要性

商品レビューは販売に大きな影響を与えます。

良いレビューを獲得するためには、商品の品質を維持・向上させることが必要です。

レビュー依頼

購入者に対してレビューの依頼を行うことで、多くのレビューを獲得しやすくなります。

適切なタイミングで丁寧な依頼を行いましょう。

まとめ

Amazon輸出無在庫販売は、しっかりとした準備と戦略が求められます。

アカウントの作成から商品リサーチ、配送設定、商品リストの最適化、そして顧客対応まで、各ステップを丁寧に行うことで成功への道が開けます。

この記事を参考に、ぜひ実践に移してみてください。

成功を祈っています!

無在庫販売の仕入れ

無在庫販売の仕入れについて

オンラインビジネスの分野で、無在庫販売は特に注目を浴びています。この方法は、在庫を持たずに商品を販売し、実際に注文が入ってから仕入れを行います。

これにより、在庫コストを削減し、リスクを最小限に抑えることが可能です。では、具体的に無在庫販売の仕入れ方法について見ていきましょう。

無在庫販売の基本原理

無在庫販売は、注文を受けてから商品を仕入れるため、在庫を抱えるリスクを回避できるビジネスモデルです。

この方法の最大のメリットは、初期投資が少なく、在庫過多や不良在庫のリスクがないことです。

無在庫販売は、特に以下のような手順で実施されます:

  1. 商品リサーチ:どのような商品が需要があるかをリサーチします。
  2. 仕入れ先の選定:信頼できる仕入れ先を選定します。
  3. 商品の出品:自社のオンラインストアやマーケットプレイスに商品情報を掲載します。
  4. 注文の受け付け:顧客からの注文を受け付けます。
  5. 仕入れと発送:注文を受けた後、仕入れ先から商品を取り寄せ、顧客に直送します。

仕入れ先を選ぶポイント

無在庫販売の成功には、仕入れ先選びが非常に重要です。以下のポイントを考慮して、信頼できる仕入れ先を選びましょう。

信用のある業者かどうか

信用のある業者かどうかを確認することは非常に重要です。業者の評判やレビューをチェックし、信頼できるかどうかを見極めましょう。

また、長期間ビジネスを運営している業者は信頼性が高い場合が多いです。

価格の競争力

仕入れ価格が競争力があるかどうかも重要です。他の販売者と差別化を図るためには、できるだけ低価格で商品を提供することが必要です。

複数の仕入れ先を比較検討し、最もコストパフォーマンスが良い業者を選びましょう。

商品品質の評価

商品品質が悪ければ、顧客満足度が低下し、リピート率が下がります。商品サンプルを入手し、品質を確認することが大切です。

品質基準に合格した商品だけを取り扱うことで、顧客の信頼を得ることができます。

効率的なリサーチ方法

無在庫販売において、どの商品を取り扱うかのリサーチは非常に重要です。効率的なリサーチ方法をいくつか紹介します。

トレンド分析

現在のトレンドを把握することは、新商品を選定する上で非常に重要です。GoogleトレンドやSNS、ニュースサイトなどを活用して、どのカテゴリーの商品が人気なのかをチェックしましょう。

競合分析

競合他社の動向を分析することも重要です。どの商品がよく売れているのか、価格設定や販売チャネルを確認しましょう。

これにより、自社が取り扱うべき商品や価格戦略を決定する手助けとなります。

顧客の需要を把握

顧客が何を求めているのかを理解するため、レビューサイトやフォーラム、SNSのコメントなどを確認しましょう。なおアマトピアでもAmazonの販売数を調べることが可能です。

  • 3ヶ月に1個以上売れている
  • FBAセラーがいないか、いても高い価格で出品している
  • 出品者出荷の競合セラーが少ない

商品に相乗り出品をしていくことで効率よく売上を上げることが可能ですがこの販売数や出品者数は自力でカウントすると時間がかかるためアマトピアの商品リサーチ機能のようなツールでまとめて調べるのが一般的です。

アマトピアの場合は利益が出ると分かった商品をCSV出力することが可能なので価格調整のために必要な情報を足して出品すると言う流れでリサーチ→出品→価格改定までをシームレスに行うことが可能です。

これらは手動で行うことも可能ですが非常に時間がかかることになります。利益を出すために最終的にはこのような部分でいかに時短できるかが重要になってきます。

仕入れ時の注意点

無在庫販売の仕入れには、いくつかの注意点があります。以下に、注意すべきポイントをまとめました。

発注時の数量

無在庫販売では、注文が入ってから商品を仕入れるため、発注時の数量に注意が必要です。仕入れ先からの納期や最小発注量(MOQ)を確認し、顧客に確実に商品を提供できるように管理しましょう。

仕入れ先の納期

仕入れ先からの納期が遅れると、顧客に商品を届ける時間も遅れてしまいます。このため、納期に関しても厳格に管理し、信頼できる仕入れ先と取引をすることが重要です。

返品ポリシー

商品に不具合があった場合に備えて、仕入れ先の返品ポリシーを確認しておくことが重要です。顧客からの返品が発生した際にスムーズに対応できるようにしておきましょう。

無在庫販売のメリットとデメリット

無在庫販売にはメリットもあればデメリットもあります。これらを把握して、適切なビジネス戦略を立てましょう。

メリット
  • 在庫リスクがない
  • 初期投資が少ない
  • 商品のバリエーションを増やしやすい
  • 迅速な市場の変動への対応が可能
デメリット
  • 仕入れ先依存度が高い
  • 納期管理が難しい
  • 商品の品質管理が難しい
  • 価格競争に巻き込まれやすい

無在庫販売で成功するためのポイント

無在庫販売で成功するためには、以下のポイントを押さえておくことが重要です。

信頼関係の構築

仕入れ先と信頼関係を構築することが非常に重要です。長期的な取引を見越して、誠実な対応を心がけ、良好な関係を築きましょう。

効率的な業務フローの構築

注文管理から仕入れ、発送までの業務フローを効率的に構築することが成功の鍵です。自動化ツールやシステムを活用し、業務プロセスを最適化することが重要です。

顧客対応の強化

顧客サービスを強化することで、リピーターを増やすことができます。迅速な対応や丁寧なサポートを心がけ、顧客満足度を高めましょう。

無在庫販売は、リスクが低く、初期投資も少ないため、初心者にとっても取り組みやすいビジネスモデルです。

正しい仕入れ先の選定と効率的な業務管理を行うことで、成功への道を開くことができるでしょう。

無在庫販売の発送方法(クーリエと郵便局、代行会社の比較)

無在庫販売の発送方法

Amazon輸出無在庫販売を行う際に重要なのは、どのようにして商品を顧客に届けるかです。発送方法には複数の選択肢があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

今回は、クーリエサービス、郵便局、代行会社の3つの発送方法について比較し、最適な選択をするためのポイントを解説します。

クーリエサービスの特徴

クーリエサービスはDHL、FedEx、UPSなどの国際的な配送会社を指します。

以下の特徴があります。

迅速な配送

クーリエサービスは一般的に非常に迅速で、通常は3~5営業日以内に商品を届けることができます。

追跡機能

すべての配送パッケージに追跡システムが組み込まれており、顧客が常に配送状況を確認できるため、信頼性が高いです。

高コスト

迅速な配送と高品質なサービスを提供する一方で、送料は比較的高くなります。

特に小規模なビジネスにとっては、コストが大きな負担となることがあります。

郵便局の特徴

郵便局を利用した発送も一般的です。

日本郵便や各国の郵便サービスが該当します。

低コスト

郵便局はクーリエサービスに比べて送料が安く、特に小型で軽量な商品を送る際には非常に経済的です。

信頼性とセキュリティ

郵便局も追跡機能を提供している場合が多く、セキュリティも高いです。ただし、地域や送付先によってはこれが適用されないことがあります。

配送時間が長い

配送にかかる時間はクーリエサービスよりも長く、通常は1~3週間ほどかかることが一般的です。

特に遠隔地や物流の難しい地域へはさらに時間がかかることがあります。

代行会社の特徴

代行会社は、商品発送を専門とする企業で、Amazonでの販売に特化したサービスを提供しています。

フルフィルメントサービス

代行会社は商品を保管し、注文が入るとすぐにピッキングして発送するため、在庫管理が簡便です。

多岐にわたるサービス

代行会社は多くの場合、検品、梱包、ラベル付け、さらには返品処理まで包括的なサービスを提供します。

コストと信頼性

代行会社もクーリエサービスと同様に、コストが高くなることがあります。一方で、信頼性が高く、顧客満足度向上に寄与しやすいです。

発送方法の選び方

どの発送方法を選ぶかは、以下のポイントに依存します。

コスト

予算によって最適な方法が異なります。

低コストを重視するなら郵便局、一方で迅速な配送や高品質なサービスを求めるならクーリエサービスや代行会社が適しています。

配送時間

顧客が迅速な配送を求めている場合、クーリエサービスや代行会社を使った方が良いでしょう。

配送時間が長すぎると、顧客満足度が低下する可能性があります。

追跡機能

商品が確実に届くかどうかは、追跡機能の有無に大きく依存します。追跡機能がないと、顧客からの不満が発生しやすくなります。

以上の情報を基に、自分のビジネスモデルや顧客層に最も適した発送方法を選択することが重要です。これにより、効率的な在庫管理と高い顧客満足度を両立させることができます。

無在庫販売で海外に商品を送る際の注意点

無在庫販売で海外に商品を送る際の注意点

商品の品質維持

品質管理の重要性

無在庫販売において、商品の品質を維持することは非常に重要です。

販売する商品が購入者の期待に応えられない場合、リピート購入が望めず、長期的なビジネス成長に悪影響を及ぼします。

サプライヤーの選定

信頼性のあるサプライヤーを選ぶことが不可欠です。(ただし無在庫販売ではAmazonなどのECサイトで仕入れる小売り仕入れが一般的です。せどり的にドンキホーテやコストコなどの実店舗で仕入れる方もいます)

まずは複数のサプライヤーからサンプル商品を取り寄せ、その品質を確認しましょう。また、オンラインでのレビューや評価を参考にするのも有効です。

定期的な品質チェック

定期的に商品をチェックし、品質の維持を確認することが重要です。サプライヤーに定期的な品質チェックの報告を求めるなどの取り組みも有効です。

梱包と送料

適切な梱包方法

商品の破損を防ぐため、適切な梱包方法を採用することが必要です。特に海外発送では、商品が長時間にわたって輸送されるため、頑丈な梱包材を使用しましょう。

梱包材の選び方

商品に適した梱包材を選びます。脆弱な商品にはバブルラップやフォームピーナッツなどの衝撃吸収材が効果的です。

梱包の手順

商品を可能な限り小さな箱に入れ、無駄なスペースを作らないようにします。スペースが余る場合は、詰め物をしっかり行い、商品が動かないように固定しましょう。

送料の計算と管理

送料の計算は正確に行い、余分なコストを避けるためにも慎重に取り扱います。重量やサイズに基づき、最適な配送業者を選択することが重要です。

配送業者の比較

複数の配送業者を比較し、コストや配送時間、信頼性などの観点から最適な業者を選びます。クーリエ、郵便局、代行会社など、オプションは多岐にわたります。

送料の設定

送料を適切に設定することで、顧客満足度を向上させることができます。送料込みの価格設定や、一定金額以上の購入で無料配送とするなどの施策が考えられます。

輸出規制と関税

輸出規制の確認

無在庫販売で海外に商品を送る際、輸出規制を確認することが重要です。特定の国や地域への発送には制限がある場合があります。

対象商品の確認

商品の中には、輸出が規制されているものや、特別な許可が必要なものがあります。販売する商品がこれらの規制に該当しないか、必ず確認しましょう。

通関手続き

通関手続きも輸出には重要なステップです。必要書類の準備や申請手続きを適切に行うことで、スムーズな発送が可能になります。

関税の取り扱い

関税は商品の価格に影響を与える重要な要素です。関税が購入者にかかる場合、その点について事前に明確に伝えておくことが求められます。

関税の基本知識

関税は国によって異なり、商品の種類や価値によっても異なります。販売国ごとの関税ルールを把握し、適切に対応しましょう。

関税の計算方法

関税の計算方法を理解し、商品の価格設定に反映させることが求められます。具体的な計算例やツールを活用することで、正確な計算が可能です。

顧客対応とカスタマーサポート

迅速な対応

顧客からの問い合わせには迅速に対応することが重要です。問い合わせの返信が遅れると、顧客満足度が低下し、信頼を失う可能性があります。

問い合わせ対応のコツ

問い合わせには誠実かつ迅速に対応しましょう。テンプレートを用意しておくことで、対応がスムーズになります。

多言語対応の重要性

海外向けの販売では、多言語対応が求められることが多いです。英語をはじめ、販売地域の言語に対応することで、顧客の信頼を得られます。

返品・交換対応

返品や交換に対応する際には、明確なポリシーを設定しておくことが必要です。返品ポリシーが不明瞭だと、顧客とのトラブルにつながります。

明確な返品ポリシー

返品ポリシーを明確に設定し、ウェブサイトに掲載しましょう。購入前に顧客に確認してもらうことで、不安を解消することができます。

迅速な対応

返品や交換の際には、迅速な対応が求められます。顧客の不満を最小限に抑えるため、スムーズな手続きを心がけましょう。

データの管理

在庫データの管理

無在庫販売では、在庫データの管理が非常に重要です。正確な在庫情報を把握し、商品の在庫切れを防ぐことが必要です。

在庫管理ツールの活用

在庫管理(価格改定)ツールを活用することで、正確な在庫情報をリアルタイムで把握できます。手動での管理はミスが生じやすいため、ツールの導入が推奨されます。

無在庫販売に在庫管理系のツールは不可欠です。発送ができない状態を繰り返してしまえば簡単にアカウントはサスペンドになってしまうのでリスク管理は何よりも重要です。

在庫データの更新

在庫データの更新は定期的に行いましょう。サプライヤーからの情報をもとに、最新の在庫状況を反映させることが重要です。

無在庫ツールで管理する際の仕入れ元も在庫情報の更新がリアルタイムでない場合もあるので常に2つ以上の仕入れ元を押さえておくと安心です。

顧客データの管理

顧客データの管理も、無在庫販売ビジネスにおいて欠かせない要素です。正確な顧客情報を把握し、リピーターを獲得することが重要です。

データ管理の基本

顧客データはセキュリティを強化し、適切に管理しましょう。

個人情報の取り扱いには細心の注意を払います。

データ分析の活用

顧客データの分析を行い、マーケティング戦略に反映させることが可能です。購入履歴や行動データをもとに、顧客に適した提案を行いましょう。

法的要件とコンプライアンス

法的要件の確認

無在庫販売を行う際には、各国の法的要件を遵守することが必須です。合法的にビジネスを運営するために、法的要件を確認しましょう。

販売国の規制

販売を行う各国の規制に詳しくなることが必要です。特に、消費者保護法やオンライン販売に関する規制などを確認しておきます。

契約書の整備

サプライヤーとの契約書をしっかり整備し、トラブルを未然に防ぐことが重要です。契約書には品質保証や納期、返品ポリシーなど、重要な要素を明記します。

コンプライアンスの遵守

コンプライアンスを遵守することで、信頼性の高いビジネス運営が可能になります。法令遵守を徹底し、企業倫理に基づいた行動を心がけましょう。

企業倫理の重要性

企業倫理を守ることは、顧客からの信頼を得るために重要です。透明性のあるビジネス運営を行い、長期的な信頼関係を築きましょう。

内部監査の実施

定期的に内部監査を実施し、法令遵守の状況を確認しましょう。問題が見つかった場合は、速やかに改善策を講じることが重要です。

Amazon輸出無在庫販売の返品対応方法

Amazon輸出無在庫販売における返品対応方法

Amazon輸出無在庫販売は、多くの販売業者にとって魅力的なビジネスモデルですが、返品対応もその成功には不可欠です。

的確かつ迅速に返品対応を行うことは、顧客満足度を高め、リピート購入を促進するために重要です。

ここでは、無在庫販売での返品対応方法について詳しく説明します。

返品ポリシーの整備

まず、返品ポリシーを明確に設定することが必要です。返品ポリシーは購入前に顧客が確認できるようにし、透明性を保つことが重要です。

具体的には下記のような内容を含めると良いでしょう。

返品の受付期間

一般的には購入日から30日以内に返品を受付けるとしていますが、競合他社と比較して柔軟性を持たせることも一案です。

返品理由の分類

返品理由を「商品不良」「誤配送」「顧客都合」などに分類し、各理由に対する対応方法を明確にします。

返金・交換の条件

商品が未使用であることやタグが付いている場合など、返金または交換が可能となる条件を具体的に示します。

返品の受付方法

次に、返品をスムーズに受付けるための方法を導入し、顧客が手間なく返品手続きを行える環境を整備しましょう。

オンラインフォームの設置

公式ウェブサイトに返品申請用のオンラインフォームを設置し、顧客が簡単に必要事項を入力・送信できるようにします。

カスタマーサポートの充実

顧客からの問い合わせに迅速で丁寧に対応するため、専任のカスタマーサポートチームを設置します。複雑な問い合わせにはチャットボットを活用するのも効果的です。

配送と返送の手配

返品商品が顧客から問題なく戻ってくるよう、配送と返送の手配を行います。配送業者と連携を強化し、スムーズな発送プロセスを確立することが大切です。

返送ラベルの提供

返送ラベルを事前に準備し、顧客が商品の返送をスムーズに行えるようサポートします。オンラインで簡単にラベルをダウンロードできる仕組みを整えましょう。

追跡機能の活用

配送と返送の両段階で追跡機能を活用し、商品の進捗状況をリアルタイムで把握します。

これにより、万が一のトラブルが発生した場合でも早急に対応できます。

返品商品の検品と処理

返品商品が倉庫に戻ったら、検品と処理を迅速に行うことが求められます。検品プロセスを効率化するための方法を考慮し、適切な処理を行います。

検品基準の明確化

商品の状態を判断するための検品基準を事前に設定し、従業員に共有します。

これにより、一貫性のある検品プロセスを維持できます。

返品後の再販準備

再販可能な商品の場合、速やかに再販準備を行い、在庫に戻します。再販向けのクリーニングや再梱包のプロセスも整備しましょう。

返金・交換の実施

顧客からの返品が承認されたら、迅速に返金や交換の手続きを行います

返金や交換のタイミングを明確にし、顧客に安心感を与えることが重要です。

返金方法の多様化

クレジットカードへの返金、銀行振込、Amazonギフト券の提供など、多様な返金方法を用意し、顧客の利便性を高めます。

交換商品の手配

交換商品の在庫が確認できたら、速やかに発送手続きを行います。

顧客への情報共有も欠かせません。

顧客満足度の向上

最終的には、顧客満足度を向上させることが最も重要です。顧客の声を反映し、返品対応プロセスを継続的に改善していきます。

フィードバックの収集

顧客からのフィードバックを積極的に収集し、返品プロセスにおける問題点や改善点を把握します。

アンケートやレビューの導入が効果的です。

プロセスの見直しと改善

定期的に返品対応プロセスを見直し、必要に応じて改善を行います。最新の傾向や技術を取り入れ、柔軟に対応しましょう。

以上の方法を実践することで、Amazon輸出無在庫販売における返品対応を効率化し、顧客満足度を高めることができます。

無在庫販売はメリットが多いビジネスモデルですが、返品対応を怠ることなくしっかりと行うことで、信頼性を持続させることができるでしょう。

最後に

Amazonで無在庫販売を始めるには、以下の準備が必要です。
まず、Amazonセラーアカウントを作成し、必要な情報(身分証明書、銀行口座情報など)を登録します。


次に、販売する商品をリサーチし、市場調査やツールを活用して需要や競合を分析します。
信頼できるサプライヤーを見つけ、商品の利益計算も行います。
さらに、国際配送業者を選定し配送ポリシーと追跡番号の管理を設定します。
最後に、商品のリストを作成して最適化します。

関連記事一覧

サイト内検索