Amazon輸入ビジネスで扱うべきもの【商品選定の本質を徹底解説】

Amazon輸入

Amazon輸入ビジネスでは
リサーチで大部分が決まると言われます。

価格差だけにとらわれては
一時的に稼げることはあっても
必ず飽和が訪れますので
それは避けねばなりません。

利益の出そうなものに飛びついて
結局、在庫になっては無意味ですので
商品は慎重に選定する必要があります。

Amazonで狙うべき商品とは

amazon輸出 fba 返品

飽和を避ける為には
ニッチな商品を扱うに限ります。

狙いとしては
割と利益率が高く
月に5個程度売れるものです。

月に5個しか売れないとは言え
その商品1つを扱えと言ってるわけでは
ありませんので
その種のものを複数扱うことが重要です。

専門性が増すにつれ
一定の層には絶えず需要がありますので
売れないで悩まされることは少ないです。

いわゆる、マニアがその需要を担います。

フィルタを重ねることによる差別化

amazon輸出 fba 返品

専門性で的を絞った後は
他の商品と同様に
価格差、利益率、レビュー数、レビュー内容等
で更に絞り込んでいけば
これだけで、他と隔絶した
自分だけのラインナップが誕生しますので
この作業を続けてください。

Amazon輸入ビジネスで
差別化するポイントがここにあります。

簡易OEM商品を扱う際の注意点

amazon輸出 fba

物販には「OEM」という
他社ブランドの製品を製造する
方法が存在しています。

これを個人レベルで行うのは
容易なことではありませんが
Amazon輸入には「簡易OEM」といって
外袋や商品に刻印などをして
独自化を図る手法があります。

ですが、安易にこの方法を図っても
独自に相乗りができない商品で販売しても
結局、レビューが多くて
少し安い商品があれば
顧客はそちらをを買っていきます。

何故なら、顧客には刻印なんて
あっても無くても関係ない為です。

現に、Amazon内を見渡してみると
ほとんど売れていないそんな商品を
俺様価格でポツンと出品し続けている
セラーも見受けられますので
チープなテクニックだけで先走ることは
控えた方が良いかと思います。

最後に

amazon輸入副業

「Amazon輸入ビジネスで扱うべきものとは」

扱う商材によって
ビジネスでの未来は変わってきます。

商材選びには慎重になりましょう。

関連記事一覧