Amazon輸入ツールで確立する【Amazon輸入転売リサーチ基準】

Amazon輸入

本日は商品選定から
仕入れを行うまでの流れについて
纏めて参ります。

商品選定を行うには
まず、売れる商品が何であるかを
リサーチする必要がありますが
その方法に関しましては
ある程度確立されていますので
説明するのは容易です。

また、Amazon輸入転売特有の
海外法人から商品を仕入れる際の
注意点や実際に活用する
仕入れの場をどこに定めるか
といったことも纏めて参ります。

おすすめ関連記事:【Amazon輸入ツールで時間捻出】稼ぐ方法論からツールによる自動化へ

 

Amazon輸入における売れる商品判別法

Amazon輸入ツール 転売

商品リサーチの手順ですが
まずは、売れる商品が何かを
判断できる必要があります。

Amazon輸入の場合で考えると
各種商品には多数の
商品情報が付与されていますので
その商品情報を一種の指標として
売れる売れないの判別に使います。

その筆頭に挙がるのは
Amazon売れ筋ランキング(出品者数)です。

この指標からは
大まかな月間販売数が
カテゴリ毎に予測できますので
概数として認識します。

併せて出品者数も把握できれば
その販売数に対し
何人が競合者として
割り込んでいるのかが
理解できますので
自分が仕入れるべき数量も
概数としてですが分かります。

では、それらの指標が持つ
意味を踏まえた上で
商品情報をどの様に取得するのかですが
ここはツールを使います。

有用な商品情報を
迅速に抽出できるツールとして
紹介しますのが
価格比較ツールです。

このAmazon輸入ツールを使うことで
大量の仕入候補が
先ほど挙げました
ランキング,出品者数と共に取得できます。

ちなみに
「モノレート」からも
販売予測が可能です。

モノレートとは
販売予測を行う為に提供された
無料サービスですが
ランキング数等で大まかに
判断するのではなく
売れ筋ランキングをグラフから
可視化することにより
過去の販売回数がより鮮明になります。

具体的にはランキングが上下している中で
切り返すタイミングが
「売れた」と判断できるポイントとなります。

同時に出品者数が
実数として記録されていますので
その出品者が減少したタイミングで
在庫も減少したと判断される訳です。

グラフだけを
確認することの注意点として
グラフは新品並びに中古品が
複合された形で表示されていますので
どちらが売れたかは判別できません。

そこで新品と中古品が
分かれて表示される最安値表を
定量的に確認することにより
確度の高い販売予測が可能になります。

また、モノレートよりも
精度を上げたい場合には
販売予測により特化した
Amazon輸入ツールを使うことを提案します。

それが在庫追跡ツールです。

在庫追跡ツールの利点は
実際に商品の動きを追う点です。

前述の通りモノレートでも
詳細な販売予測は可能ですが
あくまでモノレートでは
Amazonより提供される情報から
ランキング情報を推定しているに過ぎませんので
リアルな数字ではありません。

つまり、仕入精度を
極限まで高めたいのであれば
モノレート以上の販売予測ツールを
使う必要があります。

海外ネットショップで仕入れる際の注意点

Amazon輸入ツール 転売

次に海外ネットショップからの
仕入れを考えてみます。

できる限り
仕入価格は安いに越したことは
ありませんが、安い価格には
安いなりの理由がありますので
本当に仕入れても問題ないのか
考える必要があります。

具体的に言いますと
価格が相場から外れて
異様に安価である場合
若しくはその商品(或いは店舗)に対し
異常に高評価が付いている場合等には
詐欺的要素が含まれていることがあります。

そう感じた際には
必ずそのネットショップに
問い合わせをしてください。

その回答が
杜撰であったり
おかしな英語を使う場合等
仕入れを止めた方が賢明です。

海外小売から
購買を検討する場合は
この様なことを考慮しなければ
なりませんので
良い取引先に出会うまでは
余り安定した仕入れは
望めないかもしれません。

そこでオフラインでの
仕入れを考えてみましょう。

展示会への参加で広がる仕入先

Amazon輸入ツール 転売

Amazon輸入で扱う商品として
まだ申し上げていませんでしたが
特定の需要を持つ商品を
扱った方が売れやすいです。

Amazon市場には
著名なハイブランド商品も
多く並んでおりますが
そこにはそのメーカー自身や
正規代理店、Amazon社が
在庫を抱えておりますので
そこに参入することは難しいです。

ですので、商品需要を限定します。

では、その手の商品を
どの様に探すのかですが
見本市展示会に参加して
実際に見て回る方が早いと思います。

展示会の情報であれば
まずJETROを確認しましょう。

JETROであれば
直近の展示会情報が
業種別に検索できますので
自分が望む分野から
効率的に情報を取得できます。

世界各地での出展情報が
提供されておりますが
海外渡航に躊躇いがある方も
日本で開催される展示会に
参加すれば問題ありません。

海外企業の出展も多くあります。

日本での開催会場の多くは
東京ビッグサイト
幕張メッセ,パシフィコ横浜
といった会場が主となります。

平均来場者数は3万人弱
平均出展者数は200社以上にも上る
ビッグイベントです。

勿論、展示会では
その場で商品現物を
見て試すことが可能ですので
オンラインでの購買よりも
安心感は格段に増します。

Amazon輸入で食べていく為には
この様な場には積極的に参加して
安定した優良取引先を開拓していきましょう。

最後に

Amazon輸入ツールを選ぶ際に
この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

おすすめ関連記事:【Amazon輸入ツールで時間捻出】稼ぐ方法論からツールによる自動化へ

 

関連記事一覧