Amazon輸出価格改定ツールの裏側【アマトピア篇その2】

アマトピア活用事例

前回の記事では
アマトピア「価格改定」機能での
肝となる部分について
詳細に説明してきましたが
今回も同様に外せないポイントとなっています。

アマトピアをベースにして
説明していきますが
商品コンディションに合わせた
価格改定を行う意味から
改定モードでの「最安とカート」の活用法。

限界価格が外せない理由から
重量と無在庫販売の関連性まで
一つずつ丁寧に説明していきます。

商品コンディションについて

Amazon輸出 価格改定 ツール

アマトピアでは
新品と中古品は、別の商品として
分けた改定体制を取っています。

これは、Amazon輸出販売者である
皆さまからしてみれば
説明の必要もないかもしれませんが
如何に、最安価格に合わせた価格改定が
できたとしても、コンディションが
合わなければ適当な値付けと変わりありません。

例えばこれを見てください。
(分かりやすい様に日本で説明します)

Amazon輸出 価格改定 ツール

新品の最安値が「3,236円」で
中古品の最安値が「2,621円」です。

新品で出品している人が
中古品価格の「2,621円」を付ければ
それは直ぐに売れるでしょう。

ですが、顧客はあくまで
新品は新品の中で価格を見ていますので
この場合では「3,200円」にすれば充分です。

コンディションを無視した価格改定は
本来得られるべきであった利益を失いますので
この概念が必要になる訳です。

カート価格と最安価格

Amazon輸出 価格改定 ツール

価格改定の「改定モード」には
マニュアルとオートという選択肢がありますが
「オート」に設定した場合
参照する価格を自動で選択します。

自身のアカウント評価が
50未満である場合には最安価格を。

50以上であればカート価格を参照します。

このことから言えることは
カートボックスの取得確率は
アカウント評価数「50」を境に
変化する可能性が高いということです。

Amazonでは、カートボックス獲得について
指標を公開してはいないのですが
今までの感覚から言いますと
アカウント評価50且つ評価率95%以上で
カート獲得の土台に立てるといった
イメージです。

オートに限らず
マニュアルでの選択であっても
自身のアカウント評価に応じて
戦略を変えるべきであり
売買を重ねるごとに、優位性は増していきます。

取引数が膨大になっていき
それでいて評価が良好であれば
評価率は95%-98%位に落ち着くはずです。

評価数の部分は
最初は中々厳しいでしょうから
アマトピアの「顧客フォロー」機能を
ご利用されることをお勧めします。

評価を貰うのは
以外に大変ですので
注文して頂いた顧客には
追客メールを送ることが重要になってきます。

顧客フォロー機能であれば
常に、無料でお使い頂けますので
使わないだけ損をすると思います。

最低価格

Amazon輸出 価格改定 ツール

価格改定を行う上で
自分の想定した最低限の利益を
確保する為に必要な価格帯があると思います。

「最低価格」はそのセイフティになる機能です。

例えば、改定モードで
最安価格を参照価格として
設定していたとしますと
投げ売りをする様な販売者も出てきます。

この場合、限界価格を設定していないことで
思わぬ価格で売買成立してしまいますので
この様な悪影響は絶対に避けなければなりません。

トレード(為替や株式)の世界では
ここまで含み損が広がったら損切しようという
ラインを設けます。

その水準のことを、ストップロス(SL)と言いますが
この概念と考え方は同じです。

アマトピアも価格改定を「ツール」で行っている訳ですので
同じくFX等を自動で売買するツールで考えてみます。

これをEA(ExpertAdvisor)と言うのですが
自動でトレードを行うだけでなく
どこで利益を確定させるか(TakeProfit)
どこで損失を抑えるか(StopLoss)という基準を
ツール内に設定することで
安全な運用が実現できるという訳です。

ちなみにFXのEAでは詐欺まがいのものも多いですが
アマトピアはその面ではご心配なく。

送料モードと無在庫販売の関連性について

Amazon輸出 価格改定 ツール

アマトピアには、送料モードという
費用として掛かる送料を
Amazonから得られる重量データと照合して
算出する機能があります。

価格改定機能を
無在庫販売で活用するとしますと
発送方法には多くが「EMS」を選択されると思います。

無在庫販売では
FBA販売者と比較して
仕入れから発送に掛かる
時間のハンデが少なからずありますので
それを埋める意味でも
EMS(国際スピード郵便)を使います。

送料モードには
実重量か容積重量を選択する
項目が備わっていますが
EMSでは必ず、実重量が採用されますので
「実重量」を選択して費用計算をします。

無在庫販売はFBAとは違って
注文ごとに商品個別で発送しますので
そのままAmazonからの商品重量が
活きてきます。

ここまでは完璧ですが
もう少し突っ込んで考えますと
重量を決定する要素は
商品だけでなく、その周りの
梱包資材等の重量も合わせて送料が決まります。

商品の重量によって
大体、使う梱包資材は決まりますので
段ボールの重さ、納品書、EMSの伝票まで
考えるとパーフェクトと言えますね。

ちなみに、段ボールの重さを
一例として挙げますが
この様な感じです。

  • 宅配60: 約230g
  • 宅配80: 約306g
  • 宅配100: 約536g
  • 宅配120: 約696g

付け加えますと
EMS伝票は以外にも15g位はしますし
段ボールは一部をカットするだけで
10-20gは減らすことができます。

この細かい部分までケアする考え方は
商品点数がかさんできた際に
非常に大きな意味を持ちますので
是非、この機会に身につけてください。

他にも、EMS送料は切手で支払う等も
コストカットとして有効な方法です。

送料モードは利益計算に
欠かせない項目となります。

最後に

Amazon輸出 価格改定 ツール

前回の二大要素とは違って
細かく重要となる要素について
お話ししてきましたが
如何でしたでしょうか。

これらの項目は
無在庫販売の価格改定を支える
重要なポイントばかりですので
一つとしてないがしろにしないでください。

一つ一つをしっかりと抑えることで
他との差に繋がります。

関連記事一覧