中国輸入ビジネスを成功へ導くツールを検討しているあなたへ。

アマトピア活用事例, 中国輸入

これから、
中国輸入ツール導入する
可能性のあるあなたへ。

中国輸入ビジネスをされている方にとって
作業を効率化できるツールはとても強い味方となります。

アマトピアでは
作業を効率化するだけでなく
中国輸入ビジネスを成功へ導くための機能が
すべて備わっています。

これから中国輸入ビジネスを真剣に取り組みたい方。
中国輸入ビジネスで起業したい方。

ぜひ、最後までこの記事をご確認ください。

 

中国輸入リサーチツールとしてのアマトピアの活用法

中国輸入ビジネスをされている方で
ツールを探している方の多くが
商品の在庫数を追跡して
月に何個売れているかを把握することを目的としています。

そこでまず確実に活用できるのは
在庫追跡機能です。

日本で売れている
中国輸入商品を特定できれば
それを何個仕入れるべきかは
在庫追跡機能を利用して
導き出すことができます。

 

月の販売数が10で
ライバル出品者数が3人であれば
自分が出品した場合
10÷(3+1)=2.5個
売れることになります。

もちろん評価が悪い場合などは
話は変わってきますが
評価が一定以上(約50以上)で
評価率も95%以上であれば
カート取得率は等しくなります。

中国輸入ツールを最大限活用するために

 

ライバルの増加数などもチェックして
万全を期すには売上分析機能の併用を推奨します。

しかしこの目的の為だけに
使うのはややもったいないので
売上分析は商品数30点以上の
方におすすめさせていただいています。

商品リサーチの話にも土手
日本のAmazonに
出品されている商品で
中国仕入れである商品は
Amazonのキーワード検索欄に
以下のように
“並行輸入 中国”
と入れるとほぼ確実に
中国仕入れの商品が見つかります。
並行輸入 中国

ここから派生して
中国輸入の商品を扱っている
セラーの商品をまとめて
調べることもオススメです。

しかし単純な転売では
利益が出づらい時代に
なってきているので
おすすめなのは
在庫追跡機能を
マーケティングツールとして
利用し参考にしたい商品の販売数を調べ
それが目的に適うものであれば
中国や東南アジアの
工場にサンプルとして持ち込み
外見や機能を一部変え新規販売する方法です。

中国輸入ビジネスを成功へ導くために必要な機能とは?

売上分析

商品リサーチの機能は
日本のAmazonと
海外のAmazonを比較する為
中国輸入にはあまり向きません。

参考:アマトピア「商品リサーチ機能」の使い方【一連の流れをわかりやすく解説】

またOEMメインになると
一見価格改定の必要がないように見えますが
消費者は似た商品と価格で比較するので
価格がキーポイントになる場合
価格改定は必要になります。

その場合価格改定ツール
自分の出品ページでなくても
ライバルの商品価格を
参考に価格改定をすることも
出来るので活用可能です。

最後に

中国とスマホ取引

中国輸入ツール無くして成功なし。

中国輸入ビジネスで成功を目指す場合
ツールがなくてもお金を稼げる可能はありますが
その場合ものすごい量の時間が奪われることになります。

それはあなたにとって
成功とはいえないかもしれません。

ぜひ、中国輸入ツールを導入して
自由な時間をたくさん増やしていってください。

 

アマトピアは現在、
貿易大学同窓会の会員様のみ
利用が可能となっているため
中国輸入のツールを検討されている方は
ぜひ貿易大学同窓会についてご検討ください。

参考:貿易大学同窓会について

すでに中国輸入ビジネスを知り尽くした方が
講師として質問に答えてくれるため
中国輸入ビジネスをこれから開始したい方にも
貿易大学同窓会はおすすめです。

※貿易大学同窓会につきましても
定員なり次第お申し込みができなくなります。

 

PS
中国輸入ビジネスでOEM販売を行っている方で
Amazon内SEOのことを意識している上級者の方は
アマトピアのSEO対策機能がおすすめです。

参考:アマトピア「SEO対策機能」の使い方【一連の流れをわかりやすく解説】

 

関連記事一覧