Amazon輸入代行は基本的に使うべきではない?

Amazon輸入

Amazon輸入代行業者は
基本的に使うべきではありません。

Amazon輸入ビジネスが
一般化しつつある現状では

代行業者の数も乱立している状況にあり

その分、優良な代行業者も増えている
ことは事実です。

ですが、Amazon輸入で利益を
上げることを考えれば別の方法を
考えるべきです。

利益を考えるなら別の方法を

amazon輸入代行

代行業者の手数料相場として
商品代金の10%-20%は取られます。

これは非常に高いです。

相手に代行業者を利用していない
優秀なライバルがいた場合

その分、商品価格が不利になることは
明白です。

こちらが無理な価格帯に
簡単に改定できるので当然と言えます。

合わせて別の作業(検品等)を
頼めるなら1桁台の手数料として
ようやく折り合いがつくところですが

基本的にはより安価に
自分自身で外注先を見つける方が得策です。

結局、他の方と同じ方法を取っていては
様々な面で差別化できませんので

Amazon輸入代行業者はお勧めできない
という話でした。

最後に

まとめ

「amazon輸入代行は基本的には使わない」

ビジネスに業者を絡めると
基本的に利益は減ってしまいます。

後は、あなたの時間との
バランスが鍵になります。

関連記事一覧