Amazonで売上を伸ばすための戦略とは?【販売促進に効果的な方法】

Amazon輸出入コラム

Amazonで販売を始めたものの、なかなか商品が売れず悩んでいるセラーは多いです。

なぜ商品が売れないのか、その原因として「売上が戦略的に作られていない」事が挙げられるでしょう。

 

Amazon販売における成功のカギは、戦略をしっかりと練り実践する事です。

Amazonの集客力があるとはいえ、ただ商品を出品しただけでは売上は伸びていかないでしょう。

特にAmazonに新規出品する場合は、商品詳細ページの作りこみやAmazon広告の運用が効果的です。

 

こちらでは、Amazonで売上を伸ばすための戦略について、効果的な方法を詳しく解説します。

「商品がなかなか売れない」「売上が伸びない」と悩んでいる方は、是非参考にしてください。

 

 

Amazonで「売上が伸びる」のはどういう状況か

まず、Amazonで「売上が伸びる」のはどういう状況かを考え、それに向けて戦略を練ることが大切です。

Amazonで売れる商品というのは一般的に、Amazonランキング上位の商品や検索結果の上位に表示される商品です。

 

商品が売れていないという場合、まず上位表示に上がっていないことが原因として挙げられます。

逆に、これらをクリアしていれば商品の売上は劇的に伸びるはずです。

 

では、Amazonランキングの上位や検索結果上位に表示させるためには、どのような戦略が必要となるでしょうか。

 

Amazonで売上を伸ばすための戦略

Amazonランキングで上位の商品は基本的に、短期間で良く売れている商品になります。

なので、売れていなければランキングの上位に表示させることはできません。

売れている事が大前提なので、Amazonランキング上位に表示させるというよりも、Amazonの検索結果上位に表示させることを重視すべきでしょう。

 

特に、Amazonに訪れるユーザーの9割は検索結果一覧の1ページ目しか見ないと言われています。

検索結果の1ページ目に表示されなければ、ほとんど売れないと言っても過言ではありません。

目標は、Amazonの検索結果の1ページ目に表示させることです。

 

つまり、Amazonで売上を伸ばすための戦略=Amazonの検索結果上位に表示させる事になります。

Amazonの検索結果上位に表示させるためには、以下の2つのポイントを意識する事が大切です。

  • 商品詳細ページの作りこみ
  • Amazon広告(スポンサープロダクト広告)の活用

 

商品詳細ページの作りこみ

Amazonに新規出品をして満足をしてしまうセラーは意外と多いです。

しかし、本当に大切なのは商品詳細ページをしっかりと作り込むことです。

もし商品の売上が伸びないのであれば、まずは商品ページが最適化されているか確認すべきでしょう。

 

当たり前のことですが、商品詳細ページをユーザーが見たときに「購入したい」と思えるような魅力的なページでなければ、商品を購入してもらえません。

また、それ以前に商品の画像や商品タイトルが魅力的でなければ、商品ページすら開いてもらえないでしょう。

さらに商品詳細ページの商品タイトル検索キーワードが的確でなければ、検索結果に表示される回数も少なくなり、ユーザーの目にすら入りません。

 

Amazon内で検索をしても商品ページにすらたどり着いてもらえないのでは、当然商品は売れないでしょう。

特に、最適化されていない売れない商品詳細ページの例としては以下が挙げられます。

  • メイン画像しか登録されていない
  • 検索にヒットするキーワードが少ない
  • 商品の情報が少ない

 

どれか一つでも当てはまる場合は、売れない商品ページになっている可能性が高いです。

このようなことがないように、まず新規出品をする段階で商品詳細ページを最適化すべきです。

特にキーワードや商品の情報が少ないと、アクセス自体が減ってしまうので、しっかりと盛り込んでください。

 

ちなみに商品の説明を書く時は、なるべく「商品紹介コンテンツ」を活用したほうが良いです。

商品紹介コンテンツであれば、文字の装飾や画像の挿入ができるので文章だけの説明文よりも、より商品のイメージしてもらいやすくなります。

 

関連:Amazonで売れる商品タイトルのポイントとは?【重要性や注意点も解説します】

関連:Amazon新規出品で重要な検索キーワードの設定方法【コツもご紹介します】

関連:Amazonの商品紹介コンテンツを作成する方法【成約率を高めるコツもご紹介します】

 

Amazon広告(スポンサープロダクト広告)の活用

Amazonで売れている商品の多くは、Amazon広告(スポンサープロダクト広告)を活用していると言えます。

特に新規出品した商品はAmazonでの販売実績がないので、まず検索結果の上位に表示されることはありません。

 

しかし、Amazonスポンサープロダクト広告を使うと、例え一回も売れていない商品でも検索結果のトップに表示させることができます。

商品の露出が増えるので当然、商品が売れる可能性も上がります。

さらに、広告効果で注文数が増えれば、前述したAmazonランキングの上位も狙えるかもしれません。

 

Amazonランキングの上位に表示されればそこからまた流入増えるので、売上が伸び続けるでしょう。

Amazonスポンサープロダクト広告は低予算で始める事ができるので、広告運用初心者の方にもおすすめです。

ただし、Amazonスポンサープロダクト広告の費用と予算をしっかりと意識しなければ費用対効果が悪くなり、広告費がかさんでしまいます。

 

Amazonスポンサープロダクト広告は既に販売中の商品はもちろん、新規出品した商品で売上を伸ばしたいという場合にも有効です。

新商品は特に「売上を積み重ねていくこと」が重要なので、Amazon広告を上手く活用していきましょう。

 

Amazon販売の促進に効果的な方法

今すぐ実践できる、Amazon販売の促進に効果的な方法をご紹介します。

  1. ショッピングカートボックスを獲得する
  2. 販売価格の見直し
  3. 説明文の見直し
  4. 店舗名を変える

 

ショッピングカートボックスを獲得する

Amazonで相乗り出品をしている場合は、ショッピングカートボックスを獲得する事が非常に重要となります。

相乗り出品では同じ商品ページに複数の店舗が出品する形になりますが、実際に商品ページトップに表示されるのは一店舗だけです。

その他のショップは右端にまとめて小さく表示されるので、トップに表示されていなければ殆ど売れる事はないでしょう。

 

相乗り出品の商品ページでトップに表示させるためには、ショッピングカートボックスを獲得する必要があります。

カートボックスを獲得しているかどうかで売上が大きく変わってくるので、日々意識したいところです。

 

なお、ショッピングカートボックスを獲得する条件としては、

  • アカウントの健全性
  • Amazonでの販売実績
  • 配送スピード
  • 販売価格
  • 大口出品かどうか

などが関わってきます。

 

自己出荷のセラーの中にFBAセラーが参入した場合は、まずFBAセラーがカートを取得します。

なので、FBAセラーがいない商品を狙えば、しばらくの間カートボックスを独占できます。

販売価格の見直し

Amazonで新規出品をする際は、相場を調べたうえで価格設定を行っているかと思います。

しかし、商品は日々流行や需要が変わっているため、価格の変動も激しいです。

最初に設定した販売価格で販売を続けていると、いつの間にか商品が売れなくなってしまうでしょう。

 

商品を安定的に売り続けるためには、相場を監視し都度価格改定を行う必要があります。

もし「最近商品の売上が悪いな」と感じた場合は、販売価格の見直しを行うと良いでしょう。

 

販売価格を見直す時のポイントは以下に2つです。

  • 売れる価格帯に合わせる事
  • 的確なタイミングで価格改定をする事

売れる価格帯に合わせる事

Amazonでの「売れる価格帯」とは、カートボックスを取得しているセラーの価格(カート価格)になります。

最安値に価格を合わせる必要はなく、カート価格に合わせるという事が大切です。

とはいえ、付属品や商品状態によっては他のセラーより価格を下げて販売する事もあります。

的確なタイミングで価格改定をする事

価格改定のタイミングですが、できればツールなどを活用して毎日行うのがベストです。

少なくとも、7日に一回は価格を見直すようにすると、売上も上がるでしょう。

説明文の見直し

商品説明の書いていない商品はイメージが湧かないので、あまり買いたいと思わないでしょう。

商品説明を書く事は、新規出品をするうえでは必須です。

商品詳細ページの説明文を詳しく書くだけでも、商品の売上は伸びます。

 

商品の説明をするときは文章だけよりも、文字装飾や画像を挿入できる「商品紹介コンテンツ」を活用したほうが良いです。

初心者の方でも簡単に通販カタログのようなページが作成できるので、是非活用して下さい。

 

特に、商品説明には「商品の必要な情報」を必ず入れるようにします。

例えば、商品の型番やシリアルナンバー、メーカー保証の有無などです。

アパレル商品の場合は、サイズやクリーニングの必要性なども書いておくと親切ですね。

 

ただし長すぎる説明文は頑張って書いても、最後まで読んでくれる人はほとんどいません。

なので大事な事は最初の3行にまとめておくようにしてください。

 

説明文はなるべく具体的に、かつ分かりやすく書くことを意識すると良いでしょう。

なお、商品の状態やコンディションの説明は「コンディション欄」に記載しましょう。

店舗名を変える

実は、店舗名もAmazon販売の売上に影響をもたらします。

個人でAmazonに出品しているという方でも、Amazonの店舗名を適当に決めるのはやめましょう。

Amazon販売において、どのような店舗名にすると売上が伸びるのか、ポイントをご紹介します。

  • 店舗のイメージが良くなる名前
  • 実在しそうな名前
  • 専門性のある名前

 

店舗のイメージが良くなる名前

自分の名前や誕生日などを店舗名に含めるのはおすすめしません。

なぜかというと、個人で出品している感が強くなってしまうからです。

 

店舗のイメージを高めるためには、お客さんが見たときに信頼できる名前にするのがポイントです。

店舗名によってどのようなイメージを抱くか、まずは頭で考えてから決めるようにしましょう。

実在しそうな名前

「〇〇本舗」「〇〇店」など、実在しそうな店舗名は信頼が高まりやすいです。

ありきたりに感じるかもしれませんが、安心感を与えるという事が一番大切です。

専門性のある名前

もし、特定のカテゴリーの商品を取り扱っているのであれば、「〇〇専門店」「〇〇書店」というように専門性を出すと良いでしょう。

扱っている商品のカテゴリーが一目で分かるので、専門性を重視している人から購入してもらいやすくなります。

 

最後に

Amazonで売上を伸ばすための戦略について、また、今すぐ実践できる販売促進に効果的な方法をご紹介しました。

Amazonの検索結果上位に表示させること、そしてカートボックスを獲得する事が、Amazon販売で売上を伸ばすために最も重要となります。

 

まずは現状を見直し、改善できる点はないか確認して修正してみてください。

 

関連記事一覧