「MWSキー」を取得する方法【2018年最新版】

Amazonツール

アマトピアでは
多くの場面(機能)において
「MWSキー」を必要とするポイントが存在しますので
ここでは、「MWSキー」の取得方法について説明します。

MWSキー自体は、各国のAmazonに用意され
それぞれ取得する必要がありますが
どの国のものでも、取得手順に大きな違いはありませんので
日本を例に挙げます。

「MWSキー」を取得する方法

まず、Amazonのseller centralに
出品者アカウントでログインをします。

※MWSキーは大口出品でないと取得することができません。

 

MWSキーを取得する際、

  • 開発者(出品者本人)として登録
  • 開発者にアクセス権付与

などを選択する箇所がありますが

開発者(出品者本人)として登録

 

を選択するようにしてください。

※2018年からMWSキーの取得方法が変更となったことで
迷われる方が多いです。

他のツールに関しては
「開発者にアクセス権付与」
を選択する場合もあるようですが
アマトピアにつきましては
開発者にアクセス権を付与しなくても
ツールのすべての機能を利用することが可能です。

そのためMWSキーを取得する際
ツール提供者の開発者氏名や開発者IDなどの情報は必要ありません。

 

具体的な手順について

 

  1. セラーセントラルのユーザ権限のページにアクセス
  2. 「開発者として登録」もしくは「開発者のプロフィールを編集」を選択
  3. 「メールアドレスの確認」を選択
  4. メールアドレスが届いたセキュリティコードを「コード入力欄」に入力し、「続行」を選択。
  5. 開発担当者の連絡先と技術サポート情報の連絡先を登録し、誓約項目を確認後、「登録」を選択。
  6. 認証情報(アクセスキーID・秘密キー)発行

※開発担当者の連絡先と技術サポート情報の連絡先は
出品者本人の情報となります。

「開発者として登録」もしくは「開発者のプロフィールを編集」を選択

※すでにAPIキー発行済みの場合
「開発者として登録』が
『開発者のプロフィールを編集』に置き換わります。

 

完了画面に表示された情報を控えてください。
その情報を基に、MWSキーを設定します。

mws4
画面にある通り

  • 出品者ID
  • マーケットプレイスID
  • AWSアクセスキー
  • 秘密キー

の4種の情報を、そのまま
アマトピアの「MWSキー設定」に入力するだけで
これらの作業は完了となります。

 

関連記事一覧