Amazon輸入における利益率の考え方【利益率「70%」の世界】

Amazon輸入

Amazon輸入は物販業ですが
考え方としては投資と言えます。

手元にあるお金を
翌月(多くは翌月)に
どの程度増やせるかがポイントとなります。

資金量に応じて利益率のポイントは変わる

amazon輸出 返品

Amazon輸入のノウハウを学ぶ際
出回っている殆どのノウハウは
100万円で20万円を作る方法ですね。

これは利益率20%にあたり
物販(Amazon輸入)としては
最もオーソドックスなものかと思います。

では、Amazon輸入では
その位の利益率が限界点なのかというと
そうでもありません。

勿論、カテゴリにもよりますが
利益率70%程度は狙える世界です。

利益率20%を狙うやり方は
初めから資金を持った人間が取るものです。

他は後者を目指す必要があります。

利益率を作る方法は
最初の商品選定から始まっていますが
商品自体の原価率を考慮すれば
交渉相手がいくら値下してくれるかが
分かります。

例えば、繊維(洋服)を見てみますと
原料は殆どが糸ですので
他の要素(ブランド等)を無視すれば
かなりの確率で利益率の底上げが
実現するはずです。

仕入れる際に利益率を意識するのか

アマゾン輸出 fba 代行

商品を仕入れる際に
利益率により基準を設けるかの話ですが
そのフェーズでは基準を設けるべきでは
ないと考えています。

5%でも10%でも仮に0%でも仕入れます。

例えば、5%だったから仕入れなかった場合
そこでストップしてしまいます。

しかし、取りあえず仕入れてみると
何か違う発見があったりします。

仕入る⇒折角なので周辺商品も探す⇒
日本で売っていない面白い商品を発見

⇒試しに売ってみたところバカ売れとか。

もちろん理由がない商品は仕入れませんが
少しでも何かプラスになる得る
可能性がある場合は
どんどん仕入れております。

敢えて、数値で考えてみた場合
資金がある場合には
利益率13%~15%以上。

結果として10%に落ち着く分にはOK。

資金がない場合には
利益率15%~20%以上。

最終結果としてもなるべく20に近づける
ことを推奨しております。

そして後者の場合は
在庫の回転率も意識するべきですね。

すごいアバウトに言ってしまいますと
全在庫金額と月の売上を比較して
在庫金額が売上を超えない方が望ましいです。

多くのAmazon輸入実践者は
初めから1,000万円や1億等の資金が
あるはずがありませんので
賢いやり方を目指してください。

中級者以上になりましたら
利益率10%程度で満足せずに
まずはアベレージ15%を維持できる様な
状態にすることが理想です。

最後に

まとめ

「amazon輸入における利益率の考え方」

物販を行う上で
利益率は必ず意識するべきポイントです。

ただ高ければ良いというものではありません。

関連記事一覧