Amazon輸入の代行業者を比較してみよう【代行こそが輸入の肝】

Amazon輸入

Amazon輸出でFBAを利用する際にはFBA倉庫への直送ができないので代行業者等を使うのが一般的です。

しかしAmazon輸入を行う際も代行会社を使う意味はあります。

DHLやFedexなどで直接契約を取れば配送自体は安い価格で行えるかもしれませんが輸入に関する細かい手続きは自分でやる必要が出てくるためです。

また、物量が少ない場合DHLやFedexで盟約を取るよりも代行会社を使った方が送料が安くなるケースが多いです。

優良な代行業者を比較してみましょう。

MyUS

MYUSは多くのAmazon輸入実践者が利用している代行サービスです。

利用料金に安さには定評があります。

普通に国際発送をする場合と比較して1度の配送に商品数を纏めるごとに値下率は各段に上がります。

WEB上での商品管理も逐一現在の配送状況が確認できますのでとても安心です。

MYUSの公式サイトはこちら

スピアネット

amazon輸入代行比較

ここは何より日本語に対応している点が安心です。

1点買いの個人利用で使うような場合におすすめです。

商品数が増えると送料がやや高くなるところは気になります。

また、発送は基本遅いがまれに早いこともありサービスにかなりのばらつきがあります。

カルフォルニアなので税金を取られる場合が多く使いにくいという話や、USAアマゾンからなら税金かからないので比較的使えるということもあります。

スピアネットの公式サイトはこちら

Green-Liner

アメリカ→日本向けの代行業者で最安の送料を誇る代行会社です。

本来は月額料金がかかりますがアマトピアを利用している方は月額量無料で使用することができるので非常にお得かと思います。

なお月額料がかかったとしても送料が非常に安いため他のツールを使ってGreen-Linerだけを使いたいという方にもおすすめできます。

Green-Linerの公式サイトはこちら

最後に

Amazon輸入代行を比較・検討することは輸入ビジネスを加速させる上で非常に重要なことです。

代行業者の選択はAmazon輸入での利益に直結する問題です。

それぞれの特徴を理解して適切な選択を行いましょう。

関連記事一覧