Amazon輸入転売で海外仕入れをする際のポイント【ネット仕入れに使えるサービスを紹介!】

Amazon輸入

Amazon輸入転売を始めるにあたり
多くの方が、海外小売から
仕入れることになるかと思います。

初めから卸元やメーカー等の
上流から購入するという発想はありません。

仕入元を選択するポイント

amazon輸出 fba 代行

海外で仕入れるといっても
ネットショップは星の数ほど存在します。

まず、日本とは異なり
返金保証等はないことが普通です。

ここは抑えておく必要があります。

となると、失敗しない為にも
評判の良いところから買いたいところですが
安易に評価が多いから良いショップとは
限りません。

全てとは言いませんが
評価をお金で買っているところが
割と多いという実態がありますので
運営者を感じることが重要です。

そのショップの商品を見て回り
気になるものが見つかれば
問合せをしてみてください。

評価を捏造しているところであれば
大方、杜撰な対応をされますので
幾つかの見極め点を設けて
仕入れるべき良いショップを探すことが
Amazon輸入転売での利益に繋がるでしょう。

仕入れ検索サイトの紹介

amazon輸入 関税

「thomasnet」

コチラは北米のメーカーや
卸業者が多く登録されているサイト。

検索方法も商品自体を検索するというよりも
商品を通じて条件に合う企業を
検索するようなイメージです。

ISO, AS, QSなどの認定品質標準別で
検索可能であり、オリジナル商品や
特殊な注文の見積もりもできます。

セミナーが頻繁に行われ企業顧客ともに
成長できるものです。

業界の最新ニュースの発信が早く
掲載されている企業やショップは
専門店が多く、カテゴリーを絞った運営や
買い付けをしている場合は
相乗効果がすさまじいものとなります。

「JETRO」

輸入をしているなら
一度は見たことがあるサイト
JETRO(日本貿易振興機構)が運営する
ページです。

なんといっても一番のメリットは
日本語ということにつきます。

アメリカだけでなく
世界各国の案件が見られます。
ページの名前にあるとおり
仕入先のサイト自体ではなく
売りたい人と買いたい人をつなぐ
マッチングサイトとなります。

提示された価格はありますが
数量次第では価格交渉も可能です。

日本のサービスなので
取引自体のサポートはしていませんが
使い方とか何か質問があったときに
サポートを受けられます。

「EC21」

日本も含めた世界のネットショップが
掲載されています。

運営は韓国企業。

登録は100万社以上
毎月350万以上の訪問者があります。

見込み顧客情報やプロフィールを
データベースとして管理可能で
スカイプが機能として使える顧客情報として
年商や資本金などの会社情報が閲覧可能。

商品や取引先のランキング閲覧可能であり
普通に探している商品名とかショップ名を
検索してもいいのですが
せっかく世界のお店が探せるので
その土地でしか買えないようなものを
探してみてはいかがでしょうか。

最後に

まとめ

「amazon輸入転売で海外仕入れをする際のポイント」

仕入れを制することで
Amazon輸入での転売は有利になります。

しっかりとポイントを抑えましょう。

関連記事一覧