Amazon輸入とせどりの違いを考えよう【「せどり」にも他とは違う勝ち方が存在する】

Amazon輸入

Amazon輸入せどりには
大きな違いが存在します。

何となくで選択してしまっては
今後に及ぼす影響が大きすぎますので
始める前にビジネスとしての意味を
考える必要があります。

せどりで利益を出すことは可能か

amazon輸入ビジネス失敗

まず、せどりは一般的に認識されているより
難しいビジネスです。

方法という意味では
小学生でも出来る単純な仕組みですので
簡単と言えますが
利益を継続して出し続ける意味では
非常に難しいです。

せどり実践者の多くが
BOOKOFF等の店舗に並び
極端に安い商品を探していく
プロセスをとりますが
まず、狙った商品が良いものでなければ
収入が減るというリスクが付きまといます。

実にギャンブル的要素が強いと言えます。

現在のせどり業界は
参入者で溢れかえり
古くからのせどりセラーに
Amazonにて利益を独占されている
状況に近いので
新規参入者がせどりで勝つには
かなりの戦略を要します。

簡単な例で言いますと
BOOKOFFの店員等と親密になり
新たな商品が入荷される度に
まめに連絡をもらう等です。

また、BOOKOFF店舗での買い物も
充分に安価と言えますが
それよりも優位な仕入れを実現するには
より纏めて買うという戦略がお勧めです。

それはBOOKOFF店舗では難しいので
既に閉店したリサイクルショップ等から
安価で纏め買いをする等は良いですね。

それらで差別化を果たしたとしても
せどりは、労働集約型のビジネスに
違いはありませんので
自由さからはかけ離れ過ぎています。

Amazon輸入を選択する意味

soryosettei0

Amazonは簡単に言いますと
海外から商品を輸入し
それを日本Amazonで売るという仕組みです。

では、せどりとはAmazon輸入に
どの様な違いが存在するのかですが

AmazonにはFBAというシステムがありまして
それを使えば、面倒な工程の数々が
殆ど自動化できますので
せどりの労働集約型モデルとは
天と地の差があると言えます。

せどりでは収益を上げるごとに
当然、比例して作業量も増えますが
AmazonはFBAの利用により
一定、もしくはそれ以下の作業を実現します。

仕入れの観点から比較しても
せどりはBOOKOFF等の店舗を対象とする一方で
Amazon輸入では海外が対象となり
その仕入先は無数に存在している為
如何に、Amazon輸入があらゆる点で
魅力があるかが分かるかと思います。

せどりから物販をスタートすることも
勿論、悪くはありませんが
その場合、前述した通り
BOOKOFFだけでない、独自のパイプを
(リサイクルショップ、卸問屋)
繋がなければビジネスとして成立しませんので
長い目で利益を出せる方法を考えてください。

最初は簡単ではありませんが
後々、楽な状況へと変化していくはずです。

最後に

amazon輸出 送料設定

「Amazon輸入とせどりの違いを考える」

二つのビジネスを知ることで
選択するべきものが分かってくると思います。

この記事が参考になれば幸いです。

関連記事一覧