Amazonスポンサープロダクト広告の費用と予算【費用対効果を高めるコツもご紹介します】

未分類

  • HOME
  • ブログ
  • 未分類
  • Amazonスポンサープロダクト広告の費用と予算【費用対効果を高めるコツもご紹介します】

Amazonスポンサープロダクト広告とは、Amazon.co.jpの検索結果や商品詳細ページに広告を表示させることができるサービスです。

Amazon広告の中でもROAS(費用対効果)が高いとされており、Amazonスポンサープロダクト広告を利用している人が最も多いです。

 

こちらでは、Amazonで新規出品をするときには必須である「Amazonスポンサープロダクト広告」にかかる費用や予算について詳しく解説します。

これからAmazonスポンサープロダクト広告を運用したいと考えている方や、どのAmazon広告を使うか迷っている方、広告費用が知りたいという方は是非参考にしてください。

 

 

 

Amazonスポンサープロダクト広告とは?

Amazonスポンサープロダクト広告は、Amazonが提供している広告サービスのうちの一つです。

例えば、ユーザーがAmazonの検索窓にキーワードを入力すると、そのキーワードを設定している広告の商品が検索結果の上部に表示されます。

キーワードの「1クリックにおける入札額」が高ければ高いほど露出が多くなるので、検索結果に表示される回数も多くなります。

 

Amazonスポンサープロダクト広告は、セラーセントラルから広告を出稿したい商品を選んで設定を行うだけで簡単に出稿できます。

広告を利用する事で新規出品した商品でも検索結果の上位に表示させることができるので、売上アップに直結すると言えるでしょう。

 

ちなみに、Amazonスポンサープロダクト広告はCPC広告(クリック課金型広告)なので、1クリックもされなければ広告費用が発生する事はありません。

Amazonスポンサープロダクト広告はクリック数よりもインプレッション数が高めなので、商品の認知向上にも大きく貢献してくれます。

なので、費用対効果の高い広告サービスとして、多くの事業者の方が利用しているというわけです。

 

Amazonスポンサープロダクト広告のROAS(費用対効果)は非常に高い

前述したように、Amazonスポンサープロダクト広告は費用対効果が非常に高いと言われています。

まずAmazonスポンサープロダクト広告は、そもそものクリック単価が低いため低予算で広告を運用することができます。

 

例えば、楽天ではCPC広告の単価は1クリック100円以上が当たり前ですが、Amazonスポンサープロダクト広告の場合は1クリック100円以下のキーワードが多いです。

なので、広告費用が安いにもかかわらず、Amazonの集客力を活かして高い効果を生み出すことができるのです。

 

ただAmazonに新規出品をしただけではインプレッション数がなかなか上がらないので商品が売れないという事態に陥りやすいですが、

Amazonスポンサープロダクト広告を利用して商品の露出を増やすことで、絶大な効果をもたらしてくれます。

 

Amazonに訪れるユーザーの多くは「何か買いたい商品」があって探しにきているので、検索結果の1ページ目しか見られないことがほとんどです。

スポンサープロダクト広告を利用して検索結果に上位表示させることができれば、大きな効果を得られるのは容易に想像できるでしょう。

 

このように、Amazonスポンサープロダクト広告の費用対効果は他の広告と比べてもずば抜けて費用対効果が高いと言えます。

 

Amazonスポンサープロダクト広告の運用にかかる費用

Amazonスポンサープロダクト広告の費用に関する具体的な記載はないので、広告運用にいくらかかるのかよく分からないという方が多いでしょう。

なぜ具体的な費用に関する記載がないのかというと、Amazonスポンサープロダクト広告はCPC広告(クリック課金型広告)だからです。

クリック数に応じて広告費用も変わるため、固定料金ではなく各設定の状況によって料金が変わります。

 

ではその「Amazonスポンサープロダクト広告の費用が変わる各設定」とはどのような部分なのでしょうか。

Amazonスポンサープロダクト広告の費用に関わる以下の4つ各項目について、詳しく解説していきます。

  1. 1日の平均予算
  2. クリック単価
  3. 広告掲載期間
  4. ターゲティング

 

1日の平均予算

まず、Amazonスポンサープロダクト広告の費用に大きく関わってくるのが「1日の平均予算」の設定です。

1日の平均予算を設定しておくことで、設定した予算額になると自動で広告の掲載が停止され、それ以上の広告費用が発生する事がなくなります。

なので、1日の平均予算を設定していれば、広告運用をして予想以上の費用がかかってしまうという事態を防ぐことができます。

 

なお、1日の平均予算を安く設定しすぎてしまうとすぐに広告の掲載が終了してしまい、商品の露出が増えないという問題も起こりえます。

1日の平均予算は、Amazonスポンサープロダクト広告のキャンペーン作成時に設定できるので、露出を増やしたい場合は高めに設定し、

露出を減らす代わりに広告費用を減らしたいという場合は、予算を低めに設定するといった調整を行うようにしましょう。

クリック単価

Amazonスポンサープロダクト広告では、キーワード毎に「クリック単価」が異なります。

また、クリック単価はオークション形式となっているため、もし競合が多いと入札額が高騰する事もあります。

 

他のリスティング広告とは違って、Amazonスポンサープロダクト広告は出稿できる出品者や商品が限られるのでそこまで激化する事はありませんが、

競争を激化させないためにも、Amazonの推奨入札額(最近表示された類似する広告の入札額に基づいて計算される)に設定するのがおすすめです。

 

ただし、1日の平均予算と同様に露出を増やしたい、常に上位表示させたいという場合は、推奨入札額よりも高めに設定します。

Amazonスポンサープロダクト広告では上限となるクリック単価が設定できるので、

入札額が安い時だけ広告を表示させたいのであれば、上限を平均よりも低めに設定しておくと良いでしょう。

広告掲載期間

Amazonスポンサープロダクト広告では、広告を掲載する期間を指定することができます。

費用対効果をより高くするためには、広告掲載期間を売れ時だけに絞るという方法が有効です。

 

検索結果上位に表示されるためにクリックはされるものの、売り上げに直接繋がらない時期などは広告の掲載期間から外しておくことで費用を大きく削減できます。

Amazon広告を運用するときは広告を運用している事で満足をしてしまう方が多いですが、無駄な費用をいかに省き費用対効果を高めるか、という事が非常に大切になります。

ターゲティング

Amazonスポンサープロダクト広告のターゲティング設定では、「オートターゲティング」と「マニュアルターゲティング」の2種類から選ぶ事ができます。

オートターゲティングとは、告の商品に類似したキーワードと商品をAmazonが自動でターゲティングして選定してくれるターゲティングの方法で、

マニュアルターゲティングは、キーワードから商品の選定まですべて自分で設定するターゲティングの方法となります。

 

オートターゲティングは設定が簡単ですぐに広告運用を開始できるというメリットがありますが、入札額をキーワードごとに設定する事ができないため、

無駄な広告費用が発生してしまう事もあり、費用削減という面ではお勧めできません。

しかし、広告運用初期の時期に「キーワードを収集する」という目的で活用したり、初心者の方が広告運用自体に慣れるために使うという場合はお勧めです。

 

一方でマニュアルターゲティングの場合は、一から自分で設定を行う必要があるため広告運用に慣れている方向けですが、

非効率なキーワードを省いたり、キーワード毎に入札額の調整を行えるので、無駄な広告費用を大きく削減する事ができます。

 

初心者の方がいきなりマニュアルターゲティングを利用するのはお勧めできませんが、

オートターゲティングからマニュアルターゲティングへと移行していけば、効率よく費用を削減しながら広告運用ができるでしょう。

 

Amazonスポンサープロダクト広告の費用対効果が低い原因

Amazonスポンサープロダクト広告を運用しているのに、広告費用だけがかかって商品が売れない、と悩んでいる方は多いです。

なぜ、期待していたほどの効果が得られないのか、Amazonスポンサープロダクト広告の費用対効果が低い原因に当てはまるものはないでしょうか。

Amazonスポンサープロダクト広告の効果が上がらない場合の原因と対処法を解説します。

 

  1. 入札額が低い
  2. 無駄なキーワードが混じっている
  3. 商品詳細ページが作りこまれていない

 

入札額が低い

まずは「単純に入札額が低いのではないか」というのを確認してみてください。

キーワードの入札額は日々変動しているため小まめに入札額を調整しないと、推奨入札額より下回ってしまう事があるでしょう。

基本的には推奨入札額に合わせて設定をするのがおすすめですので、下回っている場合は推奨入札額に変更してみてください。

無駄なキーワードが混じっている

前述のオートターゲティングでも説明しましたが、非効果的なキーワードが混じっていると広告費用が無駄に発生してしまいます。

なので、まずは効果的なキーワードをオートターゲティングで収集し、そのあとにマニュアルターゲティングで入札額を調整しながら広告を出稿する、という方法がおすすめです。

最初からマニュアルターゲティングにしてしまうと、効果的なキーワードを狙えていないことがありますので、オートターゲティングでキーワードを集めるなどの対策が必須です。

商品詳細ページが作りこまれていない

Amazonスポンサープロダクト広告の設定ではなく、商品詳細ページが作りこまれていないというのが大きな原因になっていたりします。

いくら広告を出稿してユーザーへの露出を増やしても、クリックした先が魅力的な商品ページでなければ購入してもらえないでしょう。

Amazonスポンサープロダクト広告のキーワードや入札額を見直したのに費用対効果が上がらないという場合は、商品詳細ページがしっかり作りこんであるか確認してください。

 

目安としてコンバージョン率が3%を下回っている商品について、商品ページの画像や説明文を見直すようにすると良いでしょう。

商品ページを編集中は、スポンサープロダクトへの広告出稿を停止しておくようにしましょう。

 

最後に

Amazonスポンサープロダクト広告の費用と予算について、また、費用対効果を高めるコツもご紹介しました。

Amazonスポンサープロダクト広告は100円から出稿できるので、広告運用に難しいイメージを持っていた方も是非チャレンジしてほしいです。

 

また、最初から効果的な広告運用ができる人は経験を積んだ人だけですので、完璧なキーワード設定や入札単価設定を行う必要はありません。

日々調整を行い実験し試行錯誤しながら広告を運用していけば、Amazon広告の運用のコツをつかめるはずです。

広告費用対効果を意識しながら、是非Amazonスポンサープロダクト広告の運用を始めてみましょう。

 

関連記事一覧