中国輸入ツールとしてのアマトピアの活用法

アマトピア活用事例, 中国輸入

これから中国輸入ツール導入する可能性のある方へ中国輸入ビジネスへアマトピアを活用する方法をまとめました。

中国輸入ビジネスをされている方にとって様々な作業を効率化できるツールはとても強い味方となります。

アマトピアでは作業を効率化するだけでなく中国輸入ビジネスを成功へ導くための機能がすべて備わっています。

これから中国輸入ビジネスを真剣に取り組みたい方。
中国輸入ビジネスで起業したい方。

ぜひ、最後までこの記事をご確認ください。

中国輸入ツールとしてのアマトピアの活用法

在庫追跡機能

中国輸入ビジネスをされている方でツールを探している方の多くが商品の在庫数を追跡して月に何個売れているかを把握することを目的としています。

そこでまず確実に活用できるのは在庫追跡機能です。

日本で売れている中国輸入商品を特定できればそれを何個仕入れるべきかは在庫追跡機能を利用して導き出すことができます。

月の販売数が10でライバル出品者数が3人であれば自分が出品した場合

10÷(3+1)=2.5個

売れることになります。

もちろん評価が悪い場合などは話は変わってきますが評価が一定以上(約50以上)で評価率も95%以上であればカート取得率は等しくなります。

また相乗り出品ではなく新規出品の場合もライバルページを分析するために必要な機能となってきます。

商品リサーチ機能

中国輸入では中国のアリババやタオバオを使って商品を仕入れることになるため日本と海外のAmazon同士の価格を比較する商品リサーチ機能を活用する場面はそれほど多くないかもしれません。

しかしアマトピアの商品リサーチ機能には画像検索を簡単に行える機能と、仕入れ価格を入力し利益シミュレーションを行う機能が備わっているため中国輸入にも活用可能です。

その場合は日本で販売する場合は日本のMWSキー、アメリカで販売する場合はあればアメリカのMWSキーがあれば大丈夫です。

しかし現在はOEM全盛の時代であり中国市場の商品を単純に仕入れるだけは仮に売れてもすぐにまねされてしまうのでやはり前述の在庫追跡機能やこれから説明するSEO対策機能の方がより活躍すると思います。

以下のページに中国輸入のリサーチツールとしてのアマトピアの活用法をまとめています。

単純仕入れの場合もOEMの場合で使うべき機能が異なるので中国輸入リサーチツールを探している人はご覧になってみてください。

参考:中国輸入リサーチツールとしてのアマトピアの活用法

SEO対策機能

特定のAmazonの商品ページに対してどのキーワードで検索されているか、そのキーワードで何番目に表示されるかを測定することを目的としたツールです。

販売時にだけSEOを意識する方が多いですが中国輸入では自社ページ、ライバルセラーページを共に継続して分析していざという時は既存のページを捨て新規でページを作成することも重要です。

そしてそのような選択は普段からデータをきちんと分析している方にしか出来ません。

レビューの数、付いた時期も分析できるので自社商品やライバル社の商品が商品の発売からどのようにレビューを獲得しているか分析することも可能です。

SEO対策機能は在庫追跡機能と合わせて中国輸入ツールとしては鉄板の機能となっています。

売上分析機能

ライバルの増加数などもチェックして万全を期すには売上分析機能の併用を推奨します。

しかしこの目的の為だけに使うのはややもったいないので売上分析は商品数30点以上の方におすすめさせていただいています。

商品リサーチの話にもあったように日本のAmazonに出品されている商品で中国仕入れである商品は
Amazonのキーワード検索欄に以下のように
“並行輸入 中国”
と入れるとほぼ確実に
中国仕入れの商品が見つかります。
並行輸入 中国

ここから派生して中国輸入の商品を扱っているセラーの商品をまとめて調べることもオススメです。

しかし単純な転売では利益が出づらい時代になってきているのでおすすめなのは在庫追跡機能をマーケティングツールとして利用し参考にしたい商品の販売数を調べそれが目的に適うものであれば中国や東南アジアの工場にサンプルとして持ち込み外見や機能を一部変え新規販売する方法です。

広告運用機能

Amazonのスポンサープロダクトをビッグデータ解析に基づいたAIによって運用する機能です。

弊社では元々担当者を付けて広告運用を行っていましたがその場合土日や祝日の広告運用がコスト的に難しかったためその業務をAIの導入により自動化することに成功しています。

中国輸入の新規出品ではスポンサープロダクトの活用法が鍵を握りますがそこには裏技のようなものはなく小まめな入札価格の調整やキーワードの追加・削除が重要となってくるため自分で行っていては時間的にも売上を伸ばす意味でも損をしてしまいます。

広告経由の売上の5%という成果報酬の形で提供させていただいていますので導入コストも非常に低くなっていますのでぜひご活用ください。

※広告運用機能は現在は広告代理店限定で提供させていただいています。

中国輸入ビジネスを成功へ導くために必要な機能とは?【おまけ】

またOEMメインになると一見価格改定の必要がないように見えますが消費者は似た商品と価格で比較するので価格がキーポイントになる場合価格改定は必要になります。

その場合価格改定ツールは自分の出品ページでなくてもライバルの商品価格を参考に価格改定をすることも出来るので活用可能です。

最後に

中国とスマホ取引

中国輸入ツール無くして成功なし。

中国輸入ビジネスで成功を目指す場合ツールがなくてもお金を稼げる可能はありますがその場合ものすごい量の時間が奪われることになります。

それはあなたにとって成功とはいえないかもしれません。

ぜひ、中国輸入ツールを導入して自由な時間をたくさん増やしていってください。

アマトピアは現在、貿易大学同窓会の会員様のみ利用が可能となっているため中国輸入のツールを検討されている方はぜひ貿易大学同窓会についてご検討ください。

参考:貿易大学同窓会について

すでに中国輸入ビジネスを知り尽くした方が講師として質問に答えてくれるため中国輸入ビジネスをこれから開始したい方にも貿易大学同窓会はおすすめです。

※貿易大学同窓会につきましても定員なり次第お申し込みができなくなります。

関連記事一覧